2012.03.06

オームの法則について考えてみた

電流の定義を確認する。

I=envs

e:電子の電気量
n:電子の個数密度
v:電子の平均移動速度
s:導線の断面積

同一素材、同一形状の抵抗があった場合、平均移動速度を左右するのは電圧なので、下記のようなイメージを持たせると良い。(高さ=電圧とする。)

Su01

このイメージより、電圧が高くなると、たくさん電流が流れる右上がりのグラフが書けることを強調する。

このあと、教科書に出ている電圧と電流の関係を確認する実験を行い、オームの法則を確認する。

電流の大小を左右する要素に「電子の平均移動速度」がある。斜面の運動をイメージすることで、このことを意識しやすくなるのではないだろうか?

また、従来の水流モデルよりも電流の学習イメージとしてはよいのではないかと考えている。

また、R=V/(envs)と表すことで、断面積が大きくなると電気抵抗が小さくなることもわかりやすいのではないだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.06.20

教科情報 教材

教科情報の教材をまたアップしました。左側の自作教材「参考資料」をクリックしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.25

気象教育

いつもながら所長さんの指摘は鋭く、小中だけでなく高校にも通じるものがあり、自分が勉強不足なことを改めて実感します。

しかし、観測をとおして気象現象を実感しようとするには、今の教育現場は余裕がなさすぎるような気がします。

もっと勉強せねば

湘南お天気相談所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.14

マイクロバースト

昨年の台風18号の被害は身に染みしています。

しかし、その強風発生のメカニズムと北海道付近で勢力を盛り返した理由について、私自身はよくわかりませんが、いくつかの説があったように記憶しています。

日本海側を北上してきたので、対馬海流からの水蒸気でエネルギー補充をした。
石狩湾低気圧と合体した。

この他にも聴いたような記憶がありますが、科学的裏付けがあったのかどうかすら覚えていません。(被害の後始末に追われていたもので(^^; )

今回の記事の内容が科学的に正解であるならば、気分的にすっきりします。

昨年9月の台風18号 「マイクロバースト」で烈風 北大・遊馬講師研究
台風18号 道内での被害

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.07

天王星

ATOKでは、「てんのうせい」と入力しないと「天王星」と変換してくれません。

「天王星」は「てんおうせい」が正しい読みだが、「てんのうせい」のほうの読みが一般化してしまっていると記憶しているが、googleで検索してもそのような記述が見つからない。

google村八分か、記憶違いか知りたい。

手元の理科年表の索引だと「てんのうせい」のような気がするが由来からして、「てんおうせい」が正しいと思うが、誰かご存じの方はいらっしゃらないでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.02.05

飛び級・飛び入学

飛び入学、3私大は出願ゼロ…試験実施を見送り

飛び級・飛び入学の話を聞くたびに思い出す疑問があります。

たとえば、飛び入学で大学に入学したとします。何かの理由で大学卒業ができなかった場合、学歴は中卒となるはずです。

その点について、文科省と協議中という大学もあったはずですが、どうなったのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.16

災害に関する情報

阪神・淡路大震災から10年ということやスマトラ沖地震(インド洋大津波)があったせいで、マスコミは地震に関する特集が多いようです。4枚のプレートの上にのっている日本ではいくら議論しても議論しすぎるということはないと思います。

ただ、気になるのは扱われている情報がどの程度吟味されているのかということです。スマトラ沖地震のマグニチュードの扱いのぶれや余震の発生確率の表記・表現のぶれです。

情報の発信源が注意深く誤解のないように発信してもマスコミというフィルターを経ることで不正確になることもしばしば起きているのではないかと思います。(発信源が同じでも、テレビ・新聞で内容が微妙に異なることがあるので、そう判断してます。)

平常であれば、情報の質を吟味して判断していくのですが災害時にはそうはいきません。テレビとラジオを同一内容で放送している場合、映像がないラジオでは状況を把握できないこともあります。(北海道南西沖地震では、実際にそうでした。そのため、我が家ではラジオも受信できるポータブルテレビを用意しています。)

用意はしていますが、実際に情報にアクセスすることができるかどうかもわかりません。その後情報にアクセスすることができるようになった時に、質の高い情報にふれてどうすべきか判断できる体制になっていることを願っていますが、どうなるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.11

地球の自転がはやくなる?

スマトラ沖地震の影響で地球の自転が速くなったと、テレビで報道しているのでちょっと気になったので新聞記事を検索してみました。そうすると理論的な推計であって測定値というわけではないようです。テレビだけみていると確認されているような気になってしまいます。(情報の中身を確認しよう!

地球の自転わずかに速まる
地震影響で地球変形、1日の長さが短縮 NASA推計
地球の自転、スマトラ沖地震でわずかに速まる・NASA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.24

携帯電話関連の話題

改正道路交通法で、走行中の携帯電話についての規制が厳しくなりましたが、中途半端な説明を聞くよりもここを読んだ方が良いでしょう。また、季節柄、飛行機で移動する方も多いのではないかと思います。でも、改正航空法は改正道路交通法ほど知っている方は少ないのではないでしょうか? 私はここで確認しました。

携帯電話と心臓ペースメーカの関係の話はイヤというほど聞きますが、規制の「22センチ」がどこからきているかということについてはあまり知られていません。その根拠となっている指針は、これです。また、参考資料はこれです。

心臓ペースメーカーに関しては、携帯電話以外にも、盗難防止装置や電磁調理器が誤動作の原因になっているようです。盗難防止装置に関しては、ここを参照してください。また、IH式電気炊飯器などの電磁調理器に関しては、ここを参照してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.23

情報の確かさ(誤報より)

サイト上からは消えたようですけど、「性感染症クラミジア、高校生の1割…大半は無症状(2004/12/2/14:32:読売新聞)」は、誤報でした。新聞だって2次情報なのだから、安易に信じるなといっていても、児童生徒は信じてしまいますから、これは良い教材になりました。気になるのは、この記事は反響が大きかったのか歯医者で見た4コマ漫画でも「高校生の1割」になっていました。ひょっとすると、紙の方にも掲載されていたのでしょうか?
関連記事は以下のところにありました。
朝日新聞
ZAKZAK
でも、地元である北海道の北海道新聞のサイト上ではこれに関する記事を見つけることができませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧