« 共有PC向けソフト | トップページ | 2006年の「情報通信白書」がダウンロードできない »

2007.06.25

共有PC向けソフト その2

先日、MicrosoftのWindows SteadyStateが発表された事を知り、紹介記事を書いた。

どんなものかを確かめるために、生徒用PCにインストールして試してみた。

インターネットに接続できるPCでないので、Internet Explorer関係の機能については試していないが、必要な機能はほぼそろっているような感じなので、大抵はこれで十分でないだろうか?

こういうツールの存在が広まれば、かなり普及するのではないかと思う。

ただ、設定漏れなどがあると困るのでテストマシンで設定を調整し、設定が固定した段階で、どこかに書き出して他のPCにコピーできる仕組みがあるとさらに便利になると思う。

Windows ディスク保護を設定したので、再起動する度に変更点を全て無しにしてくれるのは安心だし、Cドライブを書き込み禁止にしているので、ウイルスなどを持ち込まれる心配も少なくなる。

さらに、このソフトとローカルセキュリティポリシー、窓の手を組み合わせて設定しているので、考えられる設定変更には全て対応しているはずだ。

パソコン教室のPCにも導入したいくらいだ。

|

« 共有PC向けソフト | トップページ | 2006年の「情報通信白書」がダウンロードできない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/15556966

この記事へのトラックバック一覧です: 共有PC向けソフト その2:

« 共有PC向けソフト | トップページ | 2006年の「情報通信白書」がダウンロードできない »