« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007.03.29

ユーザー管理?

「ユーザー管理?」なんてたいそうなタイトルを書いたけど、悩んでいる中身はありふれている。

気がつかないうちに無線LANのアクセスポイントなどを持ち込まれないようにするのはどうするのが簡単なのだろうか?
ユーザー管理は固定IPアドレス、DHCPのどちらが運用が簡単なのだろうか

おそらく、どこでも悩んでいて環境に合わせた解を探すしかないのもしれないとわかっているけど、一応書いてみたくなる。

どうすればいいのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.22

格差社会の歪み?

どこまで本当の事か分かりませんが聞いた話を

ある会社に正社員として採用され、研修期間も終わり、現場に配属されたのですが、働いている人のほとんどはアルバイト。

そこに配属された新人正社員に対して、アルバイトが「正社員のくせにこんなこともできないの!」というようなイジメを繰り返すらしい。

それに耐えられなくて、やめていく人が後を絶たない。

これが本当なら、格差社会の歪み?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.03.19

似たような

救急車でチョコお返し購入→通報で発覚

ある日の夜、スーパーに行ったら隅の方に自衛隊の高機動車にしか見えない車に私服の男性が大量の食料品を積み込んでいる。

家族で買い物に来ていたので、確かめにはいかなかったがメガクルーザーではないと思う。

近所で何度か白のメガクルーザーを見かけた事はあるけど、総生産台数132台とは知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.18

RC SUCCESSION AT BUDOHKAN

以前から手に入れたいと思っていた「RC SUCCESSION AT BUDOHKAN」を偶然入手した。

それもかなり程度の良い状態のモノだ。新品に限りなく近いと言って良いかもしれないくらいの状態だ。

さっき観たが、昔ビデオで観ていると思う。カセットにも録音していたはずだが、今は行方不明。

感涙モノだ。RHAPSODY NAKED (DVD付)の荒々しさはないが、勢いに乗っているとでも言うような感じがある。

チャボのギターが良いな。

なんで、こんな良いDVDが廃盤になっているのだろうか? 不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.17

昔のことを思い出した。

キレる客対策、業界本腰 クラシック演奏会でトラブル急増

この記事で思い出したことがある。

あれは蒲田行進曲で風間氏と平田氏の人気が急上昇した頃だったはず。

平田氏だったと思うけど、彼が出ている芝居で舞台に駆け寄って写真を撮る女性ファンにあきれかえったことを思い出した。

芝居やコンサートの最中にでしゃべっている親父やオバハンを注意したことが何度もあるけど、トラブルになったことはない。

マナーや常識が欠如しているのが増加しているから、そういうのがクラシックコンサートに進出しただけなんだろうけど、よほどひどい状況なんだろうな。

そういえば、俺が注意した親父たちと似たような年頃になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.10

思いこみそれとも?

ちょっとした事を調べている時にあるページのコメント欄が目についた。

ある人がある本の中で使われている「戦いに破れる。」の「破れる」は誤用で、「敗れる。」が正しいと指摘していた。

それに対して、その指摘は思いこみで、「破れる」の使い方は正しい日本語だという指摘をしていた。しかし、それだけでは「敗れる」は誤りで、「破れる」だけが正しい使い方のように思われるのではないだろうか?

俺には、そういう風に読めたので念のために手元の電子辞書やオンライン辞書を調べてみた。

ある電子辞書は「試合にやぶれる」の用例は「試合に敗れる」で「試合に破れる」は示されていなかった。
オンライン辞書、紙の国語辞典はどちらの表記も正しいと出ていた。

後者の指摘の中で、「広辞苑」を調べてから書き込むようにという指摘もあったが、電子辞書の類でチェックした可能性があるのではないだろうか?

生徒の持つ電子辞書を集めてみて、比較してみるとおもしろい結果が出てくるような気がする。教材にできないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.04

やっぱり起きているのか

下記の記事を読んだ感想は、「やっぱり起きているのか」の一言だった。

放置サーバーにヤバい物が置かれて家宅捜索

数年前にダイナミックDNSのサービスが広がりはじめた時に、自宅にサーバーをおいてみようというような事がはやったような記憶がある。

そのころだったと思うが、友人に「セキュリティを考えたら、素人が片手間でできるものじゃないから自宅サーバーには手を出すべきでない。」と言われたし、必要性もなかったので手を出さなかったことを思い出した。

これも教材の一つになるが、話だけだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

感覚と一致する

ウイルス、不正アクセス減少でも相談件数は最悪に--不正請求が増加

この記事に書かれていることは何となく感覚と一致する。最近はウイルスメールが届くことは滅多にないが、唯一届いたのは「Netsky」だけ。もちろん、パソコンのウイルス対策ソフトが検出してくれるので問題はないけど

「不正請求」が増加しているらしい、俺自身は体験していないので何とも言えないが、子供たちの所にはずいぶん来ているようだ。

ウイルスよりも注意すべき事の上位に来ているような感じも受けている。これはパソコンよりも携帯電話での利用の方が多いからではないだろうか。

2000 年から2006 年の6 年間でウェブ利用者の年齢構成に大きな変化 20 代の構成比が半減、中高年齢層や10 代は着実に増加

この記事が裏付けの一つになるかなとも思っている。これに関連してこんな記事もある。

パソコン見放す20代「下流」携帯族

教科情報があるので、現状では「PCイリテラシー(文盲)層」は生じないと思うし、この調査は個人的な使用に関するものだと思う。

就職すると、否が応でもパソコンを利用しなければならない層のパーセンテージが上がってくるはずなので、併用層が増えてくると思っている。

ただ一抹の不安がないわけではない。若年層の就職状況が良くない点だ。不安定な状態の層が拡大していくと、その層を狙った携帯ビジネスも拡大していき、本当に「PCイリテラシー(文盲)層」が発生しかねないような気がするからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »