« 風評被害 | トップページ | 思ったとおり »

2006.12.19

ちょっと物思いに

去った人もブログの中で生きている

この記事を読んで、ちょっと切ない気持ちになった。

似たような状況を知っており、そのことについて友人とも話をしたことがある。今までは、写真をみたりして思い出を思い出すくらいしかできなかったが、今はビデオもある。

でも、ブログやネット上に定着された文字はそれらと違う重さを感じる本人の肉声は聞こえないが、心の動きや思いや考えなどを追体験できるのだ。(意識的にそういったものをビデオで残す人はほんのわずかだろう。)

それらは残された人にどのような気持ちを起こさせるのだろうかと考えてしまう。残されたもの達が良い方向に動けるものであれば良いが、そうでないものもあるだろう。

無料の所であれば、サービス停止まで永遠に残るだろう。ひょっとするとどこかにコピーが残されるかもしれない。本来、コピーは偽物かもしれないが、この場合は本物と何が異なるのだろうか?

ネット上に定着した情報はどこに行くのだろうか

|

« 風評被害 | トップページ | 思ったとおり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/13126927

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと物思いに:

« 風評被害 | トップページ | 思ったとおり »