« サイボーグ009 | トップページ | グーグルカレンダー »

2006.12.31

ITを考える

どんなタイトルを付けるか考えたが、うまいタイトルが思いつかなかった。

教育用PC リナックスで再生

このニュースを夕べ見たがようやく文科省が動いたかというのが正直な感想だ。これは以下のような理由が主なものだが、選択肢として有効だと思う。

マイクロソフト社の基本ソフトウィンドウズ98とMeは、今年7月にサポートが打ち切られ、新たに見つかった欠陥にも修復措置がとられていないため、インターネットを安全に使うことができなくなっています。

当然の事ながら配布されるのは、「KNOPPIX」のようだ。どのようなディストリビューションとなって配布されるのか楽しみだ。

ちょっと気になるのが、いくつかのディストリビューションを職場や自宅で試したが、USBメモリに初期情報(プロキシやDNSなど)をうまく登録できるものとそうでないものがあったことだ。理由は不明。

個人的には、パソコンのメンテナンスを考えると、職場にはシンクライアント環境を構築したいと思っている。(何年も前にCITRIX社のデモを見て以来、惹かれている仕組みである。この活用事例は、教育現場でも参考になるような気がする。)

通常の教職員の技能で保守できない時は業者委託になるだろうが、安全性を考えると魅力的だ。

もう一つ気になったのはニュースはこれだ。

ネット違法情報 2200件超

2200件というのは通報があったものだけだから、当然の事ながら氷山の一角ということだろう。インターネット・ホットラインセンターなるものが解説されていたことを知らなかった。どのように教材として取り込むかを考える必要があるだろう。

|

« サイボーグ009 | トップページ | グーグルカレンダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/13274695

この記事へのトラックバック一覧です: ITを考える:

« サイボーグ009 | トップページ | グーグルカレンダー »