« 高齢ドライバー | トップページ | 本当にクローン? »

2006.11.22

エラーコードなんて知らない

au:通信障害で110番に誤報殺到 エラーコード勘違い

この記事を読んだ瞬間、「携帯電話にエラーコードを表示してどうするの?」というのが頭に浮かんだ。

生徒はエラーコードをみて、「何の数字?」と無視するのがオチだろうし、一般ユーザーに意味のないものだ。自分の電話はどうなっているのかなと気になってマニュアルをみたら、説明文だけでエラーコードはないようだ。これはキャリアの方針なのか、端末製造会社のポリシーなのか、その辺も気になる。

それにしても、一般のユーザーにはエラーメッセージだけで十分なはずだ。

エラーコードを「電話番号」と勘違いするというのはわかるが、画面に「110」がでても、普通は110番するには躊躇があるはずだ。

たかが、携帯電話の通信障害で、110番する感覚がオレにはわからない。

オレからすると、110番や119番するというのは、ちょっとした勇気というか思い切りが必要なものだ。(火事や交通事故の通報でさえ、ちょっと引いたよ、オレは)

資料として必要な部分だけ引用します。

携帯電話大手のKDDI(au)のインターネットサービスや電子メールが送受信しにくくなる通信障害が今月19日夜に発生、その際、全国的に110番通報が殺到していたことが21日、分かった。メールを送信すると、携帯電話に「送信できませんでした(110)」とエラー画面が表示されたため、エラーを示すコード「110」を問い合わせ番号と勘違いしたとみられる。

【大沢瑞季、遠山和彦】

毎日新聞 2006年11月22日 3時00分

|

« 高齢ドライバー | トップページ | 本当にクローン? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/12784268

この記事へのトラックバック一覧です: エラーコードなんて知らない:

« 高齢ドライバー | トップページ | 本当にクローン? »