« お気に入りの音楽 | トップページ | イジメ動画事件 »

2006.11.07

教科情報の未履修を無くす案

未履修問題でよく出てくるのが、教科情報をやらないで他の教科・科目に振り替えてしまうというパターンだった。

教科情報の時間でなく、当該の教科科目で、海外のサイトの数学や物理の教材を利用して学習させていいるという人がいらしい。

この話と未履修が結びついて思いついたアイディアがある。(受験勉強と両立させるという意味のアイディアです。)

教科情報の時間の中で、調べ物学習の一種として何かのテーマを定めて、教材を探させる。そして、それを和訳して自分のデザインでその学習のホームページを作らせるというというのはどうだろうか?

あるいは、今自分たちが学習している、国語、理科、数学の教科書をベースに学習用のホームページを作らせる。それを英訳すするところまでできれば、かなりの勉強量になるはずだ。どうだろうか?

これなら、教科情報の学習としても認められるだろうし、受験に必要な学習内容の復習や英語力強化につながるので、問題は少なくなるはずだ。

情報の教員だけでなく、TTの体制にすれば可能ではないだろうか?

|

« お気に入りの音楽 | トップページ | イジメ動画事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/12583923

この記事へのトラックバック一覧です: 教科情報の未履修を無くす案:

» ビジネス英語 単語カードも、IT化の時代 [ビジネス英語 即効上達]
英語学習の必須アイテム、単語カードも、現在ではIT化されています。一枚一枚めくっていたのが懐かしいです。コクヨが出したこの「メモリボ」はUSB接続できる液晶付きスティック形状をしています。いつでもどこでも単語がめくれる。まさに単語カード同じ使い方ができます。データをひとつひとつ自分でつくるのが基本ですが、すでにコンテンツも用意されていて、ビジネス英語の分野もあります。これは便利そう... [続きを読む]

受信: 2006.11.18 18:26

« お気に入りの音楽 | トップページ | イジメ動画事件 »