« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.29

IP電話の中継局?

前から広告を見てどういうものなのか想像がつかなくて首をかしげていた「IP電話の中継局」なんですが、新聞記事になっていました。記事のメインは「所得隠し」ですけど、やっぱり怪しげな商売のようです。そう判断したのは記事の次の部分です。

 近未来通信は、不特定多数の消費者から「IP電話の中継局のオーナー募集」を名目に資金を集めていることでも知られる。一般の電話回線とインターネット網をつなぐ中継局を国内外に設置する費用を「オーナー」に負担してもらい、通信料金から還元するシステム。オーナーは数百人規模で、集めた資金は数十億円に上るとみられる。

 IP電話事業の関係者からは「売り上げは伸びているものの、顧客数がはっきりしないなど業務の中身が不透明」との指摘も出ているが、同社は「業績は順調で、オーナーにも利益をきちんと還元している」としている。

参考記事
IP電話の「近未来通信」、1億7500万円の所得隠し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.28

ユーズド加工しかない

ジーンズに穴が開いたので、新しいものを買いに行ったのだけど目当てのものがなかった。

正確にいうと欲しいモデルのバリエーションはあるのだけど、欲しいモデルではない。

ユーズド加工されているものしか置いてなかった。何度も洗濯をしてインディゴブルーの色が落ちていくのが好きなのに

ジーンズは自然に色が落ちていくからこそ、味わいがでると思っているのだけど、最近は違うようだ。何か寂しくなってきた。

店員は、昔のモデルが生産されているかはメーカーに聞いてみないとわからないというので、自分で問い合わせてみたけど、どうなるのか?

20年以上同じモデルを履き続けているので、同じものがなかったらどうしようかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.08.26

どうにかならないのか

追突の男、ビール飲み運転

この記事を見るとやりきれない気分になる。理由は、この部分だ。

追突現場には、今林容疑者の乗用車のブレーキ痕がないことも判明。同署は飲酒量や事故時の速度を捜査、危険運転致死傷容疑の適用についても検討する。

飲酒が証明されれば血中のアルコールの検出量に関係なく、”危険運転致死傷”など厳罰にするべきだ。飲酒を隠すために逃げた場合は、殺人や殺人未遂などを適用して厳罰にするべきだ。(飲酒してなくてもひき逃げは殺人や殺人未遂にした方がいいと思っている。)

以前、目の前で横断歩道上の歩行者がはねられたのを目撃したことがある。

その時、運転手は「信号に気が付かなかった。どうしよう」といっていた。

後日、警察から状況の確認のために来てくれとというので署にいったら、ドライバー側の言い分で調書が作られているようだった。(細かい状況は忘れたけど)

そうではないと主張したが、それ以後警察からの確認はなかった。

その後どうなったかわからないが、目撃者もいなかったら加害者側の言い分だけで捜査が進められてしまうのだろうということを実感した出来事である。

被害者やその家族の気持ちを少しでも考慮した刑を与えるように、法律を変えることはできないものだろうか?

ちなみに事故そのものは死亡事故はなく、足の骨折だけした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.24

我が家のシュレッダー

昨日も書いたけど、我が家ではシュレッダーの電源ケーブルは使用時しかコンセントにささないようにしている。

それでも気になって、さっき投入口を見てみた。もう少し広い方が使いやすいと思っていたが、ら3ミリくらいしか隙間がない。ちょっと不便だが、このメーカーは事故防止を考えていたのだろうかと思ってWebを検索してみたら、
次のような告知があった。

明光商会【明光商会製シュレッダーの投入口の安全性について】

考えているところはきちんとしているということなのだろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.23

シュレッダー事故

<シュレッダー事故>2歳児の指切断2件発生 経産省注意
<シュレッダー>「子供を想定せず」アイリスオーヤマ社長

我が家にもシュレッダーがあるけど、使う時しか電源コードをコンセントにさしません。

別に子供の事故を予想していたわけではありませんが、子供の友達が遊びに来た時におもちゃにして何かがあったらイヤだなと思っていただけですけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメでプレゼン

プロジェクタもPCもないところでPowerPoint顔負けのプレゼンをする

この記事はiPodを使うというところが売りだと思うけど、こんなことが記事になるということはデジカメでプレゼンする人が少ないのかな?

パソコンを利用したプレゼンの経験がない人が成り行き上やることになってしまい、相談をうけることがあります。
その時によく聞くのが、「プロジェクターとパソコンでやってくれといわれたのだけど、どうしよう?」

そういう人はパワーポイントを利用したことは、まずありません。そこで、くわしく発表内容を聞くとたいていは写真とグラフです。写真は用意されているし、グラフはつくれるということなので、全て自分で用意してもらいます。

あとは、発表順番にあわせて、JPG化して職場のデジカメに転送です。

デジカメですから、ビデオ出力があるので、接続できないプロジェクターはまずありません。職場のデジカメはAC駆動ができるので、電池切れの心配もありません。

荷物も軽くなるし、フリーズの心配はないので、やる方も気楽なようです。携帯電話でもテレビ出力ができるものもあるので、そういう端末を持ったら一度やってみたいなと思っています。

余談ですが、個人的にはパワーポイントはフリーズの心配があるので、HTMLかPDFで作成する方が好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gmailの登録制

便利に使っているので、登録制になり利用希望者が殺到してトラブルにならなければいいなと心配してます。

登録制に移行して暗号化の様子が変化していないかが気になります。気になる点はGmaiの謎2で書いているので、そちらも参照してください。

ここからGmailに入ろうとすると入り口だけが暗号化されている
入り口だけでなく全てが暗号化されているGmail

参考記事
グーグル、Gmailの説明会を開催。「日本市場のニーズにも積極的に対応」
Gmailが国内でも登録制に、招待状なしでも利用可能
Gmailが国内でも登録制に、招待状なしでも利用可能

| | コメント (0) | トラックバック (1)

惑星は8個?

太陽系惑星「8個案」で調整…国際天文学連合総会

惑星の数が増えそうだと一騒ぎしていたが一転して8個案が有力となってきたようです。

慣れ親しんだ9個の定義は、「慣習をベースとして、そういうものがあった。」と教えればいいのですから、教える側としては、すっきりしており良いことです。

否決されて9個ならば、そのままなので問題はおきないのですから、12個案廃止が良いですね。

参考記事
惑星一転…冥王星を「格下げ」へ、9→8個に!?
「惑星12個」幻に? 国際天文学連合で異論続出
太陽系惑星、今度は8個  冥王星除外し修正か
太陽系惑星「8個案」で調整…国際天文学連合総会

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.21

一太郎9-2006 セキュリティ更新モジュール

ようやく一区切りもつき、気分も良い方向に変わってきました。

先日から気になっていた一太郎のセキュリティホールの件ですが、ようやくパッチがでました。

自分の機械はパッチを当てました。気になるのは学校の機械です。巡り巡ってウイルスが校内に侵入しかね
ないので、自分の管理下の機械だけは手を打ちます。

一太郎9-2006 セキュリティ更新モジュール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.17

気分転換中

まだ、現実逃避モード

それでも、ブログを読んだり本を読んだりしながら気分転換中

そんなことをしているときに気が付いたのだけど、昨日の記事を投稿した時点では新定義を書いていなかった朝日の記事がいつの間にか更新されていてきちんと定義が加えられていた。これじゃ、俺が記事を読んでいないみたいでイヤな気分。

そんなことを思っていたら

台風10号のニュースの中の一つだったけど、川の増水での事故が起きている。

どこかのニュースでも触れていたが、7,8年前に川の中州でキャンプしていた人たちが川の増水で事故にあっている。

それを見ていて思い出したが、このとき、テレビでアウトドアが専門というコメンテーターが馬鹿なことを言っていた。

「台風が低気圧に変わったという情報を流すから、事故が起きる。」

こんな程度の低いのがアウトドアの専門家と名乗っているのだから困ったもんだし、そんなのをつれてくるテレビ局もテレビ局だ。

気象庁の台風の定義は「北西太平洋に存在する熱帯低気圧のうち、低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のもの」となっている。これからわかるように台風と雨量は関係ない。

これで気分転換になったと思ったけど、馬鹿な電話がかかってきて気分が悪い

参考記事
<増水>神奈川県西部の酒匂川…1人死亡、1人不明
気圧配置 台風に関する用語

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.16

惑星の定義

現在、色々あり逃避モード

今まで科学的定義があいまいで慣習的に決めてきた惑星の定義がひょっとしたら変わるかもというニュースをみかけた。

太陽系の惑星、一気に3個増か 国際天文学連合が新定義

新定義を承認するかどうかの採決は、現地時間24日午後の予定だ。

決着がつくのは先の話だけど、この記事に新定義がでていないので調べてみた。

国立天文台 アストロ・トピックス (230) 「惑星」の定義の原案、公開へ

科学的定義を定めるのは良いことだけど、惑星を発見したことがない国が新定義に熱心だという真偽不明な話を聞いたこともあるので、なんか変な気分。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.12

夜の動物園

一度行きたいと思っていた、動物園の夜間営業についに行ってた。

夜の動物園自体初めてでしたが、狙いは下記のイベント。

トラ・ライオンのワイルドタイム
オオカミのディナー
トド・アザラシのエサやり
ホッキョクグマへの氷のプレゼント

残念なことにオオカミは体調不良ということで、ディナーは見ることができなかった。
確か前回行ったときは2頭いたような気がするのだけど、大丈夫かな?

ホッキョクグマはテレビでよく見るとおり、氷の中の果物をを食べようと親子熊ががんばるというもので、歓声が上がってたけど飼育員の人の説明を聞いていたのでしょうか?

その中で驚いたのは、体毛がたっぷり空気を含んで断熱するのでサーモグラフィーではホッキョクグマを見ることができないという説明だったけど飼育員さんも半信半疑という感じで説明していたのが印象的。

ワイルドタイムは、かなりくらい屋内のオリでエサを食べているところを観察できるものでしたが、フラッシュをパカパカたいて写真を撮っていた。(フラッシュやめろと怒鳴る人がいるくらいひどかった。)

フラッシュなんかたいてトラがびっくりして、観察できなくなったら元も子もないのにマナーが悪すぎる。

だいたいガラス越しにフラッシュをたいて撮影したってガラスが反射するから綺麗にとれるはずもない。記録したいなら暗いところでもとれるモードのビデオカメラを用意しなきゃダメだろ。

円山動物園も悪い。旭山動物園では、フラッシュ撮影禁止をちゃんと説明している。ふつうはそういうことも含めて説明するのが、夜間開園じゃないのかと思うがどうだろうか?

一通り見て、帰る前にもう一度トラの前に行ってみたが、ガラス越し30センチくらいにトラと対面したときは大迫力で大満足。

それにしても、フルオートのカメラには困ったもんだ。

夜の動物園での注意事項を検索して見た結果もUPしておく。

参考URL
夜の動物園
夜の動物園(8/12-16)の画像集
夜の動物園
この夏「夜の動物園」を行います!
「夜の動物園」の開催

検索しなきゃ良かった。やっぱりフラッシュ禁止は常識だ。円山動物園は旭山動物園に追い越されて客集めしか頭にないのかと心配になってきた。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.08.11

バージョンアップは必要か?

パソコン通信時代からお世話になっている楠田さんのブログでソフトのバージョンアップの話についてかかれていた。トラックバックがつけられないようなのでコメントにしようかとも思ったが、長くなりそうなので、こちらに書くことにした。

楠田さんは一太郎はバージョン10のままだとかかれていたが、私はバージョン13である。

本当は私も10のままで不便も感じず、バージョンアップの必要性はあまり感じていなかった。しかし、周囲がバージョンアップを進めてきたので、「不便が生じては面倒だ。」という理由だけで、今のバージョンアップしてみた。

そして、まだバージョンアップしなくてもいいなと気がする一方、不可解な事象も発生しているので、パージョンアップした方がいいのかなという気もしている。

どういう理由かわからないが、ある同僚から貰うファイルが読み込めないというトラブルが生じる。

症状をまとめるとこんな具合だ。

  • ある同僚のところで直接USBメモリに記録し、自分の一太郎で読もうとすると読めない。
  • どこか別なマシンで読み出して、USBメモリに上書き保存してやると読めるようになる。
  • 貰う一太郎のファイル全てで、そのような症状が発生するわけではない。
  • 逆方向で移動する場合、問題は発生しない。

これがUSBメモリの不具合ならば、一太郎以外でも生じるだろうし、他の同僚との間でも生じるはずだろう。一太郎もOSも、私の方が上位バージョンなのでバージョンによる問題とも思えない。

実習用パソコンにも一太郎がインストールされているので、確かめてみると良いのだろうがまだ実験していない。

一太郎のバージョンアップで解決するならばバージョンアップしてみるが、どうしたらいいものか悩む。

参考記事
「蔵衛門2006」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.09

気になるニュース

データの点検作業に疲れたので、ニュースを覗いていたら気になるニュースが2本あった。

早く終えたくて、とおバカ先生…川に塩素、魚大量死

これはあきれるしかないけど、次のは時間ができたら調べないとまずいニュースなのかもしれない。

インテル:セントリーノに弱点、無線LANウイルスの恐れ

記事が消えるだろうから、後で必要になりそうな部分だけ引用。

セントリーノは、ノート機で無線LANを実現するためのハードウエアやソフトウエアの総称。このうちハードウエアの「PRO/Wireless・ネットワーク・コネクション」の一部機種で、ドライバーソフトにぜい弱性が見つかったほか、通信設定ソフトの「PROSet/Wireless・ソフトウェア」にも問題点があった。

 自分のノート機が対象かどうかチェックできるソフトも配布されている。パソコン・メーカーがセントリーノをカスタマイズしている場合があるため、各社のサポート情報に注意が必要だ。【南 優人/Infostand】

インテルの発表
http://support.intel.com/support/wireless/wlan/sb/CS-023068.htm

チェック用ソフト
http://support.intel.com/support/wireless/wlan/sb/cs-005905.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.07

データの復活作業。

キーボードの交換・ソフトのインストールも終わり、ようやく元の環境に戻りつつある。

今回消失データがどれくらいあるかの確認をはじめてみたが、正直よく分からない。

仕事関係のデータは、ほとんど同じものがノーパソコンにあるので打撃はないが、スキャナで取り込んだ紙データ、MP3の消失が痛い。

紙データは取り込んだ後に処分している。本ならばもう一度買えばなんとかなるだろうと思うけど、手に入らないような資料はなかったか不安が残る。

MP3はオリジナルのCDがあるので音楽データそのものは復活できるが、ジャケット写真やデータベース未登録だった場合は曲名などをもう一度入力しなければならないので手間がかかる。

その上、データベースのデータのジャンルの分類を自分流にしていたので、目視確認しなければならないものもある。

どこまでMP3は復活させるかよく考えてみなければならない。

不幸中の幸いは、この1年分くらのメールのバックアップだけは完全だったこと。それ以外のデータに関してはバックアップとraidがあったので被害は最少ですんでいる。

こういって、自分を慰めるしかないか(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.06

キーボード交換2

昨日購入してきたキーボードに交換してみたが、問題発生。

なぜかPS/2で認識してくれない。キーボード切り替え器を経由しているせいかと考えて、他のPCに直接PS/2接続をしてみたが、やっぱり認識してくれない。

USB接続では動作するので、あまり好きでないがこのまま使うことにした。

そうすると問題は机上にキーボードとマウスが2組になってしまうことだ。

それでなくても狭い机がさらに狭くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.05

キーボード交換

10年近く使っていたキーボードがダメになって、ストックのキーボードに交換して使っていたがどうも馴染めないでストレスをためていた。

HDDがダメになり交換用を買いに行ったときに、良いキーボードがないかとためしてみたらFILCOのキーボードが良かったので、どうしようか迷っていた。

某店舗のポイントが少したまっていることを思い出したので、思い切って買ってきた。千円程度から1万円オーバーまで色々あったので、もう一度色々試してみたが、気に入ったのは3種類しかなかった。

テンキーレスのものが価格的には良かったのだが、条件はかな付き日本語キーボードでテンキー付きという条件ははずせないので、結局FILCOのキーボード2種類に絞られてしまった。

高い方より安い方が打ちやすかった。安いといっても約7千円なので、職場では高いものを買っているといわれてしまうだろう。

俺の持論は、「手と目は交換できない。だから、モニター、キーボード、マウスは良いものを選ぶべきだ。」である。

このルールに従うと7千円のキーボードは決して高くない。ということで結局買ったのは、これである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.08.03

Matrix Raid のリカバリー

デスクトップパソコンの復旧作業はまだ終了していない。イメージバックアップもしていたので、単純にソフトだけを回復するだけならば簡単だったのだろう。

しかしRAIDなのだからデータも復活できないかという、かすかな望みにすがって作業したのでえらく時間がかかっている。

下記の記事を参考に復旧作業をはじめたのだが、ステータスがいずれとも合致しなかった。

そこでダメ元で、トラブルが発生したハードディスクを新たなものに交換し、OSを新規インストールすることにした。

気楽に開始したが、フォーマット、OSのインストールだけで約6時間という長丁場になってしまた。その甲斐あって、RAID1にあるデータは無事復旧したが、RAID0にあったデータは消失。

RAID0のデータをバックアップするつもりだったのに雷のせいで全て消えてしまった。

参考記事
Matrix RAID ボリュームのリカバリ --インテル® マトリクス ストレージ マネージャ製品サポート--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.02

かなり復旧

HDDが逝ってしまったデスクトップパソコンの復旧工事がかなり進みました。

Webとメール関係はかなり元に戻ってきました。後はソフト関係の復旧です。寝不足になりそうなので、後は明日かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »