« ついていない | トップページ | 夏休み »

2006.07.25

ルールについて考えた

先ほど、下書き保存したつもりがアップされてしまったので、書き直した。

メールのルールやマナーといったことをどう考えると良いのかがわからなくなってきた。

ワードやエクセルの巨大ファイルを圧縮もかけずにいきなり送ってきたり、HTML形式のメールが送られてきたりする。

こういうことは、大抵は仕事上の必要に迫られてやむなく始めたり、パソコンの低価格化共に利用し始めたような人(生徒に限らない)が起こしている。

そういう人には教えてあげれば良いはずだ。

あるところにメールを送信しようとしたら、「添付ファイルがウイルスに感染しているので配信できない。」というような意味のエラーメッセージがくるという相談をうけた。

ウイルス感染が発生したかと緊張して、問題のファイルをA社のアンチウイルスでチェックすると安全と出る。B社でも安全と出る。

そこで、エラーメッセージを発信したところに、「こちらの状況を伝え、どこのアンチウイルスでウイルスが検知されたのか」ということを質問してみた。

そうすると

「添付ファイルの名前は日本語でつけていますか?」

「はい」

「文字数にして、30文字以上ありますか?」

どういう意味だ?と思いつつ
「それくらいはありそうです。」

「それではウイルスではなく、ファイル名が長すぎたからです。サーバーの仕様です。」

脱力しつつも、MIMEエンコードはRFC違反という話を聞いたことを思い出しながら、
「そういうメールに関する仕様というか制限については、どこを見るとわかりますか?」

「どこにも明文化されていないと思います。」

もっと脱力して電話を切ったのだが、落ち着いて考えると怒りが湧いてきた。

仕様によるものなら、そういうエラーメッセージを返すべきではないか、ウイルスと区別をつけることができないのなら、どこかに明文化して周知するべきではないか? ファイルとパソコン数台のウイルスチェックにかけた時間はなんなんだ。

怒りの次に来たのは、次のような思いだ。

最初に書いたような暗黙のルールもあるだろうが、仕様というルールを作るなら、ユーザーに周知してくれないと困る。RFCについては、俺も聞いたことがある程度である。一般的にはそういう規格(?)があることすら知られていないだろう。

全てルールを明文化することで困ることもあるかもしれないが、Windowsのロングファイルネームが一般化している様子からすると、これは明文化してもらわないとエラーメッセージが「オオカミが来たぞ。」と叫ぶ少年と同じ立場になってしまう。

どこのメールサーバーも添付ファイルのファイル名が長すぎると何かメッセージを返すのだろうか?

|

« ついていない | トップページ | 夏休み »

コメント

私も独学派なので…。

ひょっとすると私もルール違反してるかな?とドキッとしています。
添付でファイルを送る時も、それほど大きなファイルではないのですが、以前写真を貼付して、「データーでか過ぎ!」と弟に叱られた事があります。
圧縮が私はイマイチわかってません。だから、自分で保存するときも、解凍できなくなったら焦るので、そのまま保存しちゃったりするんですよね。

「ウイルス感染で添付ファイルが開けない」って返信来た人は私の所にもいました。
その人は、ウイルス撃退ソフトの設定で、「添付は全て拒否」にしていた事が判明!

パソコンの進化についていけないオバサンです。
20年前は和文タイプと英文タイプ…13~14年前は我が家のパソコンはゲームしかできませんでした。88の時代です。
職場に98が入って感動しましたよ。
でも、経理にしか使ってなかったなぁ。。。
Windowsもマウスも存在してなかったし…。

長くなりました。すみません。
が…進化速過ぎです! スキルが追いつきません。

投稿: まる | 2006.07.26 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/11097332

この記事へのトラックバック一覧です: ルールについて考えた:

» JIS規格のWEB調査とその保存方法 [技術系社員の「ぼやき」]
設計を進める上でJIS規格の調査が必要になる場合があります。 そんな時に便利なのが、「日本工業標準調査会」の「JISデータベース検索」です。 [続きを読む]

受信: 2006.08.09 06:19

« ついていない | トップページ | 夏休み »