« 栗まんじゅう | トップページ | ついていない »

2006.07.22

やっぱりだまされたのかな?

浦河の3セク温泉、水温低く「銭湯」に格下げへ

この記事をみて、もう少し詳しい記事はないかなと探してみたら

浦河の3セク温泉、水温低く「銭湯」に格下げへ

消えてしまうので、気になるところだけ一部引用しておく。

今年4月29日午前4時ごろ、読売新聞記者も川からホースで水を引く作業を撮影。作業員は「1回だけ洗浄に使ったのを偶然見られた」と弁明した。

 同町と道は、今月12日に川水と泉源水を検査。27度とされていた水温は、温泉の基準(25度)を下回る約13度しかなく、温泉認定の要素となる19の成分も所定量に達していなかった。

これからすると、やっぱり川の水を使っていたのかなと思わざるを得ないし、湯冷めも早かったし、やっぱり温泉じゃなかったのねという気分になってしまう。

こんな気分にさせるところは、もう二度と行かない。

関連記事
「浦河町『優駿の里アエル』の温泉は川の水」 道議会で共産・大橋議員が糾弾
浦河「アエル」温泉問題 町長が会見

|

« 栗まんじゅう | トップページ | ついていない »

コメント

TVのワイドショーによると…。

もともと温泉成分は含まれてはいなかったらしいですよ。
事前の調査で温泉は出ないだろうと結果が出ていたにも関わらず、業者とは「出たら払う」契約したらしいですね。
理論的には何mだか掘り下げる毎に地下水の温度は上がるものらしく、そこにたまたま地下水脈があって、温泉成分は含まれていないものの、水温が27℃あったので「温泉」と認められたらしいです。で、業者には支払ったと…。
ところがもともとただの地下水なので、水量が減ると温度も下がり…でも支払った額のモトも取ってないしってことで川の水をつぎ足したと…。そのうち100%川の水にしたって管理業者は言ってました。
顔隠して、声も変えてだったので、こっちもホントかどうかは怪しいですけど…。

温泉を認定するのに水温だけでもクリアしてればOKと認めちゃう辺りにも問題はありますね。
もともと地下水なんだし…。

我が家の融雪漕も地下水くみ上げてますが、蓋を開けると確かに温泉の臭いはしますわ。

それにしても、川の水はどうなんでしょうね?
水道水足すと高いから?
川の水の方がまだ温泉に近いと思ったから?

減ってしまった水量を補うための、苦肉の策だったことには間違いないでしょうね。

投稿: まる | 2006.07.24 00:02

やっぱり、そうなんですか

循環式なので消毒されていると思うけど、川の水が注入された後しばらくはやばそうな気がする。

投稿: 薬師 | 2006.07.24 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/11059470

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりだまされたのかな? :

« 栗まんじゅう | トップページ | ついていない »