« NHKの番組 | トップページ | 著作権2題 »

2006.06.12

公立校の教員給与、見直し

公立校の教員給与、見直し 時間外の導入、能力型も検討

仕事が過重になっている人間がいるということは、仕事を充分に任せることができない人間がいるということです。その理由には色々な場合があるでしょうが、「社会人としてどうなの?」というものがあります。

そういった人間の給与をカットするところからはじめて欲しいものです。

書いたら、少し気分がすっきりした。

|

« NHKの番組 | トップページ | 著作権2題 »

コメント

教員の給与を下げるとの案は現状の教員のあまりにもお粗末なパフォーマンスに起因していると考えます。指導科目における教員自らの著しい学力の低さ、数十年にわたり生徒の学力低下を引き起こしたその指導力のなさ、自らが週休二日制で楽をしたいがために愚民化教育であるゆとり教育を推進したこと、問題児に対するマネジメント能力の低さ、民間の厳しいリストラに目を向けるでもなく、直ぐに「教員は忙しすぎる、雑用が多い」などとあたかも自分達だけに負担が集中しているかのごとく弱音を吐く堪え性のなさなどなど枚挙に暇がありませんが、こんな教員たちが他の公務員たちよりも給与面で優遇されていたら全くおかしいです。給与引き下げはもっと以前から叫ばれていても当り前で、今頃ではむしろ遅いくらいです。
指導科目における学力の低さは特に英語教員がひどいです。TOEIC730点以上・英検準1級以上の英語教員は1割もいないとのことで、全くお粗末極まりないです。英語教員を名乗る資格など微塵もありません。英語を日常的に使っているビジネスマンはTOEIC900点以上、英検1級以上、国連英検特A級以上の英語力を有します。また、このレベルに飽き足らず、ネイティブ用の英語の試験であるSATやGREにチャレンジして英語力のブラッシュアップを日々行っています。それもそのはず、TOEIC900点・英検1級などはネイティブで言うと小学生レベル、一方ビジネスマンが日々相手にするのは大卒・院卒などの高等教育を受けたネイティブです。このレベルに到達するためビジネスマンはネイティブの中高大学生レベルの英語力養成に余念がないのです。ビジネスマンは誰でも英会話ができますが、英語教員は初歩的な会話すらまともにできないのが現状です。英語を使うビジネスマンはあくまでも英語の素人なのですから、いやしくも英語のプロである英語教員たる者は英語を使うビジネスマンよりはるかに高い英語力を有していてしかるべきです。このレベルにある英語教員が一体どれ程いるのでしょうか?他教科ですと、例えば、数学・理科の教員で博士号を持っている人など殆どいないでしょう?即ち、教員は指導科目における学問の落伍者なのです。こんな教員達に行政職など他の公務員より優遇された給与など払っていたら全くおかしいです。税金の計り知れない無駄遣いです。また、教員は派遣労働者ではないのですから、時間外手当など払う必要はありません。こんなものを払えば長時間だらだらと安息を貪るモラルハザードのバカ教員どもが高給取りになり、短時間で多くの仕事を消化できる有能な教員が報われないからです。
給与の低い職種に優秀な人間が集まらないのは一理あるでしょう。仮に教員を給与面で優遇するのであれば、学校に競争原理を導入して優秀な教員には現状よりはるかに高い給与を保証すると同時にできの悪い教員はクビにするという徹底した成果主義の導入が絶対に必要です。こうなると現在の殆どの教員は淘汰されるでしょう。それでよいのです。力なきものは去れ、民間ならどこでもそうです。例えば英語教育ならば、海外駐在経験豊富なビジネスマン、外資系企業など日常的な英語使用環境で長年働いてきたビジネスマンなど英語教育を担うにふさわしい人材に任せるべきなのです。彼等・彼女等ならば外国人とのコミュニケーションにも慣れていますので、ALTとも上手にコラボレーションを組むことができますし、また、社会で実用性の高い英語も知っていますから、文部科学省が打ち出した英語の使える日本人構想も実現させ得るでしょう。数学や理科であれば、博士号を取得し、国内外で研究実績の豊富な研究者、企業で技術開発実績の豊富なエンジニアなどに教育を任せると、実社会に直結する有用な学問の基礎を指導できるでしょう。また、民間人ならば常時競争にさらされていますので成果主義にも馴染みやすく、また激務にも慣れていますから現状の教員が音を上げる程度の負担など何とも思わないでしょう。このように、その価値の怪しい(というより全くない)現在の教員免許の有無に関わらず、全科目においてそれを指導するにふさわしい人材を実社会から幅広く調達し、実力のある新しいタイプの教員に相応の給与で報いる、これが現状のどん底状態にある教育を好転させる最も効果的な方法であると考えております。

投稿: CFO | 2006.06.24 16:15

CFOさん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりだと思える部分もありますが、現場の人間ではどうしようもできないことも多くあり、愚痴ってみた次第です。

投稿: 薬師 | 2006.06.25 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/10474865

この記事へのトラックバック一覧です: 公立校の教員給与、見直し:

« NHKの番組 | トップページ | 著作権2題 »