« ストレス発散 | トップページ | メールの量 »

2006.06.05

最初の実習(教科情報)

教科情報の実習で、サーバーに各種ソフトを導入して独自の実習を展開している人もいる一方、十分な時間も機材もないところで実習をしている人も多いと思います。

うちなんかは後者ですし、入学時点のパソコンに対する習熟度がものすごく差があるという現実にも悩まされています。

普通は電源の入れ方、マウスの使い方などから始まり、タイピング練習も日本語変換になれるように始めるのかもしれません。

僕は電源の入れ方から始めてすぐにエクセルの実習に入ります。

簡単な表を用意して、日本語入力は一切せずにローマ字表記で表の項目を入力させます。(日本語入力ができる子は、日本語で入力させます。)

数値を入力させて、簡単な集計作業をします。その時にマウスをできるだけ使わずに、キーポード操作でのコピーペースト、計算式の入力などを教えます。

コンピュータを扱える子でも、多くはメールとネットサーフィン(死語か?)とワープロ程度しかしていないので、「エクセルは初めてだ。」と言って興味深げにやっていますし、キーボードだけでコピーペーストができることに驚きます。(実習では、マウス操作中心にしているところが多いのでしょう。)

初めての子は簡単に集計作業ができるので、コンピュータの威力の片鱗を感じるようです。

こんな形で多少インパクトを与えて、実習への食いつきを良くしようと試みています。

|

« ストレス発散 | トップページ | メールの量 »

コメント

初めてエクセルで表計算が出来た時には感動しますよね。

私が初めて使った表計算ソフトは「マルチプラン」(死語?)でした。
日本語入力にたどり着く前に挫折したのは言うまでもありません。

まぁ、合計出すのはエクセルでもすぐに出来るけれど、私はその後が結構かかりました。
単価、個数、小計出して、それを累計して合計を積み重ねていくという事が出来た時には嬉しかったです。これが出来ないと、会計や決算には役に立ちませんから~。
家計簿もそのうち…と思っている間に何年経ったことやら…。

先日、エクセルでおもしろいのを作りましたよ。
それは「組織表」!
普段使っている「一太郎」だと楽に出来るのですが、依頼先は開けない!
そして私は「ワード」が使えない!…字だけなら打てるけど…。

あまりにも複雑なんで、テンプレート使うのも面倒で…。
セルを方眼にして、セル合成を駆使して…。
お陰様で、思った所に線が引けました!
笑えるセル構成だったけどっ!

投稿: まる | 2006.06.05 22:06

仕事の現場でも電卓片手にExcel使ってる人多いですよね。何のためのExcelなのかって。

投稿: michi | 2006.06.06 11:17

michiさん<昔、それやって、笑われました^^;
決算書の摘要で途中まで打ってからセルを分ければ良いことに気が付きましたが、やり直すのも面倒なので電卓で…。
ほんのちょっとだったし…。

逆に…暗算でも出来そうな計算をExcelで計算してる人もいますよね。
しかも、その為にわざわざExcel開いて。

倒れそうになりました。

投稿: まる | 2006.06.07 14:20

ビジカルクがパソコンの普及を進めたアメリカと違い、日本はワープロからだったせいか、表計算ソフトの利点を知らない人が多いようですし、難しいという先入観を持っている人も多いようです。

この実習で少しコンピュータの威力を実感してもらえたらいいのですけど

こんなことを書きながら、ポケコンも愛用してます。経過も確認しやすいし、見やすいですから(^^;

投稿: 薬師 | 2006.06.07 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/10390584

この記事へのトラックバック一覧です: 最初の実習(教科情報):

« ストレス発散 | トップページ | メールの量 »