« NHKのネット収益事業 | トップページ | とあるニュースサイトで »

2006.06.02

盗電

カノジョと長電話で電池切れ、5銭分電気盗み取り調べ

この記事を見つけて、他に記事がないか調べてみたところ以下の2本がありました。

5銭分の電気盗み取り調べ 電話中に電池切れ
5銭分の電気盗み取り調べ/電話中に電池切れ

これについては、「盗電」という言葉があるくらいなので知られているかと思ったがそうでもないようです。常識ある人と思っていた人が、携帯電話禁止のところで通話して注意され、その後コンセントを拝借して充電して、また叱られといった話も聞いたことがありますから

今までは、情報Cの情報モラルの教材として下の記事を使ってましたが久しぶりに新しい記事が加わりました。

ラジカセ電源、ケータイ充電アウト 大阪府警が検挙

 被害が1円でも犯罪は犯罪――。街頭でダンスのパフォーマンスを披露しようと、自販機用のコンセントから伴奏用ラジカセの電気を拝借したとして、大阪府枚方市の男子大学生(22)が府警枚方署に電気窃盗容疑で検挙されていることが分かった。看板の電源で携帯電話を充電していた男性会社員(38)が門真署に摘発されていることも判明した。いずれも被害額は1円程度。軽微な被害での検挙は異例だが、目に余る行為に、警察がお灸をすえた形だ。

 調べでは、大学生は昨年11月26日未明、京阪電鉄枚方市駅前でダンスミュージックを流すため、スーパーマーケットのジュースの自販機のプラグを引き抜き、持参のラジカセをコセントにつないで約5分間、電気を無断使用した疑い。

 近隣から騒音の苦情を受けて、現場に駆けつけた枚方署員が発見した。被害が極めて小さく、大学生が反省していたため、同署は検察官に処罰を求めない「微罪処分」として処理した。
 一方、会社員の場合、同年9月、門真市内のドーナツショップで、電光看板のコンセントを使って携帯電話を充電していたところを、通報で駆け付けた門真署員に検挙された。被害は数分間の電気代1円48銭という。同署は大学生と同様に厳重注意の上、微罪処分にとどめた。

 刑法の窃盗罪は「財物を窃取」する犯罪だが、無形物の電気は「財物とみなす」(245条)と定められており、有形物と同じ扱いを受ける。罰則はともに10年以下の懲役。

[毎日新聞1月10日] ( 2004-01-10-15:00 )

|

« NHKのネット収益事業 | トップページ | とあるニュースサイトで »

コメント

初めまして、ココログポータルの新着情報から来ました。
何だかありえなさそうなことですが、こんなことが本当にあるんですねぇ・・・被害額5銭とかでも警察による取り調べを受けさせられる可能性があるとは驚きです。まあ、犯罪は犯罪ですけど(^^;)
しかし、「盗電」なんて言葉があるとは・・・知らなかったです。

投稿: Subscriber | 2006.06.02 21:48

Subscriberさん、コメントありがとうございます。

盗電という言葉は、電信柱から勝手に電線をひいて電気を盗む人たちがいたので生まれたらしいです。今でもいると思いますけど(^^;

投稿: 薬師 | 2006.06.03 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/10364359

この記事へのトラックバック一覧です: 盗電:

« NHKのネット収益事業 | トップページ | とあるニュースサイトで »