« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.29

仕事術が流行?

書店にあった仕事術中心と思われる雑誌がコンビニにも置いてあった。

これはきっと売れているのだろう。そういえば書店でも同系統の雑誌が2,3種類あったはずと思ってコンビニから帰ってきたら、ITmediaに見かけない単語がでていた。

写真でわかるGTD(初回編) GTDって新しいグラフィック関係の技術かと思ってみたら、どうやらこれも仕事術のようだ。

世の中では、仕事術が流行しているのかもしれない。これがスタートの記事みたいだ。どんなモノか気になる。

はじめてのGTD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽が楽しい

きちんとしたプレーヤーがないのでどうしようかと考えていたが、よく考えたらDVDプレーヤーがあるではないですか?

CDラジカセよりはましだと思い接続して聴いてます。どちらが良いかというのは判断がつきませんが、やっぱり音楽が楽しい。

アレサ・フランクリンのAmazing Grace: The Complete Recordingsは教会での臨場感がビンビンと伝わってくる。

RCサクセションのラプソディー ネイキッド(DVD付)のギターの響きがいい。

ビートルズのHELP! - 4人はアイドルもたまらないけど、LPレコードとはやっぱり音の響き方が違う。スピーカーのせいなのか、メディアの違いなのかはわからない。(アンプは昔と同じ)

今度は、同僚のいうようにCDをWAVE化してパソコンから出力して違いを聞き比べてみよう。わかるだろうか?

このままじゃ、オーディオの泥沼にまた引きずり込まれそう

僕のお気に入りCDの一部です。

元記事をつけておくのを忘れたので、付け加えます。
DAコンバータは凄い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのトラブルについて

コメントができない原因について、@niftyからの説明がでていました。こんな説明があるなんて全然気が付きませんでした。

コメントができない記事は、既に公開されているにもかかわらず「公開待ち」になっているはずです。そこで、再度「保存」をクリックすると正常に公開状態になります。

ブログのライターさん達は気が付いているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.26

今日も変

コメントをつけることができないという連絡をいただいたので、メンテを試みたが、ココログがさっぱり反応してくれない。

モブログからはどうだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.06.25

つながらない電話

出張先は山の中腹だった。

携帯電話の電波状況がおもしろかった。

auはノートラブル、ボーダの2Gもノートラブル、FOMAとボーダの3Gはつながったりつながらなかったりと不安定。トラブルがあったと聞かなかったので、ムーバもノートラブルだったのじゃないかな?

不思議だったのはウイルコム。
圏外スレスレだったり、バーが3本立ったりと不安定。3本立った時にメールを送受信しようとすると、サーバーが見つからないと切断することが数回。何度かチャレンジするうちに1回だけメールが受信できた。一体どういうことなんだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

この2日間のテーマ曲

ついさっき出張から帰ってきた。色々な意味でヘヴィだった。

クタクタである。

仕事をしている時に、頭の中に鳴り響いていたのはRCサクセションの「ドカドカうるさいR&Rバンド」。

一人になるとつい口ずさんでいた。

完全にテーマ曲状態だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.24

まだ、ココログトラブル中?

ゆうべの記事の後、どうなっているのか気になっていたので、「記事一覧」を確認したらやっぱり「公開待ち」になっている記事が何本もありました。

そのせいなのか、「コメントがつけられないよ。」と言う連絡もいただいてます。

ココログどうなっているの?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.06.23

ココログトラブル発生中?

今記事一覧を見て気が付いたのだけど、既に公開されてコメントもついている記事が公開待ちになっている。また、トラブル発生中?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に全て危険?

安全と思われていて実は危険なソフトウェア15種、米Bit9がリストアップ

この記事だけでは、どのソフトにどのような危険性があり、どのような対応をすることが望ましいのかという点がよく分かりませんでした。(英文記事を読めば見えてくるのかもしれませんが)

Skypeはファイル転送などがあり、危険性があることはわかりますが、QuickTime、Adobe Acrobat Reader 7.0.2/6.0.3、Flash Player 7、RealPlayer 10などは流通しているコンテンツの関係上、やむなくインストールしているということもあるので、対応が難しいのではないでしょうか?

PDF作成のために、Acrobat5を導入している場合に、Acrobat Readerだけ最新のバージョンにするということをしても問題ないのか確認するためのテストマシンを用意できないという場合もあります。

何かの機会にFirefoxのUSB起動はテストしてみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.22

DAコンバータは凄い

同僚からバードランド・オーディオ オデオンAGというDAコンバータを借りた。

まだ2枚程度しかCDを聴いてないが、効果抜群である。かってのようにオーディオに凝っていた時代を思い出させるような音が出てくる。

プレーヤーが手持ちのCDラジカセなのに、この音が出るのだからもっと良いプレーヤーにかけたらなどと夢想してしまう。

CDラジカセ-->オデオンAG-->LUX A1020(管球アンプ)-->オンキヨーのブックシェルフ型スピーカー

こんな構成で聴いているが、オデオンAGの効果は抜群で、パコ・デ・ルシアのギター、ヘレン・メリルのボーカルがたまらなく良い。「LA4のなき王女のためのパバーヌ」も良かった。

時間がとれたら、どう変わったのかまた書こう。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.21

言い間違い

息子がテレビを見ながら一言
デコポン2号って何?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

欲しいPDA像

この記事でPDA衰退の原因に触れているので、思ったことを書こう。

記事中にHP200LXに触れているが、この機械を愛用していた者としては、他のPDAとちょっとポジションが違っていると思っている。

HP200LXは、HP95LX、HP100LXと続いた流れの機械である。この流れはすぐれた電卓を作ってきたヒューレットパッカード社がロータス123をROMに乗せることによって、従来の電卓とは違う、ビジネス環境をつくることを狙ったモノではないだろうか?

テンキーを搭載していることがその証拠ではないかと思っている。

当時はパソコン通信のログを毎朝ダウンロードして、通勤の地下鉄の中で読み、必要があれば書き込みメールをするという生活をしていたが、やはりメインはロータスでの各種の処理だった。

活躍の場が減っていた大きな理由は、職場が変わりロータスの利用頻度が減少したことであろう。それともう一つはインターネットの普及で、PPP接続によるダイアルアップ環境が必要になったことである。

そのため、モバイルではポケットボード、シグマリオン2、シグマリオン3、ザウルスSL-C760と変化せざる得なかったが、ただどの機械もキーポードに関してはHP200LXを超えるモノはなく不満が残った。

HP200LXは両手でもち、両方の親指でプチプチと入力するが、クリック感が良く入力しやすかった。出張中にバスや列車内で多くの書き物をしてきたが、他のモバイルではできなかった。

結局、ちょっと長いメールになるとノートPCを持ち出すことになる。

携帯電話の普及で、PDAは片隅に追いやられた感じはあるが、使いやすいものが登場することを願っている。

HP200LXのようにテンキー搭載で、表計算ソフト、スケジューラー、フォンブック、メーラー、Webブラウザが搭載されているモノが登場してくれると一番良いのだけど

参考記事
来なかった未来~ PDAはなぜ衰退したか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金利計算の実習

何度か上限金利のことを書いてきたが、実習でトライしてみた。

最初に出資法と利息制限法の違いを説明してから、どうして多重債務に陥った人が借金の減額されるというようなことが起きるのかということを説明した。

そして、返済方法には元金均等返済と元利均等返済の2種類があることを説明。

ここまで説明してから、用意したワークシートに沿って、元金均等返済の授業を行う。もちろん、キーボード主体の操作方法で行う。

Kinri

50分2コマ連続でちょうどくらいという感じで終了。

ここで準備段階の話を・・・
授業用の資料を探してみたが、意外なところに落とし穴があった。商業、数学に授業に使えるような教科書や資料がなかったのだ。(少なくともうちの学校にはなかった。これじゃ、消費者教育なんて無理だ、どうするといいのだ?)

サラ金数社のサイトを覗いてみたところ、シミュレーションや一覧表はあるが、計算方法について説明しているところはなかった。(探し方が悪かったのか?)

結局、googleで探してみたら意外なところに資料があった。

なんと、全国銀行協会がわかりやすい資料を用意してくれていた。用意されていた「パンフレット」の「返済方法のはなし」を利用した。(住宅ローンだけではなく、個人向け融資に銀行も力を入れているので当然といえば当然かもしれない。)

元利均等返済はいつやろうかな

参考URL
http://www.zenginkyo.or.jp/index.html
http://www.zenginkyo.or.jp/pub/pamph/pub0110.html
http://yakushi.cocolog-nifty.com/jyoho/2006/06/post_3191.html

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.06.20

コーヒーミル

数年ぶりにコーヒーミルを押入の奥から救出した。
Mill

何年も使っていなかったので、内部がどうなっているか不安だったので分解してみたら、カビ、サビの類は発生しておらず大丈夫だった。

それでも不安なので、何回かコーヒー豆をひいてみた。

ひかれて出てきたコーヒーは大丈夫なようだったが、もったいないけど飲まずに香りだけを楽しむことにした。

何倍分かのコーヒーはムダにしたが安心料と割り切り、今は香りを楽しみながらコーヒーを飲んでいる。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

テレビ放送もサラウンド?

先日、ボウッと地上波放送の映画をかけていたら妙に音が生々しい。

よく聞くと、水の音や拡声器の音が横方向から聞こえてくるような気がする。うまく表現できないがスピーカーの幅以上に広がってかなり横の方で音がしているような感じだ。

我が家には左右2本しかスピーカーがないし、アンプは普通のステレオアンプ(骨董品といっても良いくらいの年代物)だから疑似サラウンドもない。

テレビ局側で何か加工した状態で放送しているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.19

モノの値段

どうやると情報Cの教材になるか考えているネタを一つ

父の日のプレゼントとしてある健康器具が欲しいというので、楽天で探して用意することにしたのだが、えらく安かったので、もう一つ別なモノをつけてプレゼントした。

楽天の中でも、最安値と最高値の間で2倍前後の価格差はあった。

昨日、ある店(ほとんどの品が定価販売という店)に買い物に行ったら、最安値の店との価格差は約4倍だった。(送料を除くと5倍近い)

これは楽天では、ほぼ半額以下で売られているということだろう。

この商品の製品としての旬がすぎて在庫処分に近い形なのか、定価そのものが高額に設定されているのかわからないがすさまじい価格差である。

この健康器具はどの場合に当たるのかわからないが、これだけ価格差が激しいとデジタルデバイドの例としてオンラインショップの利用をあげても良いような気がする。

うまく教材化できないかな?

価格差のにたような例として次のような例を何度か見ている。

アマゾンで在庫切れなのか販売していない商品を、アマゾンのユーズドで数倍の値を付けて売っている。(本当にレアで相場がそうなっているモノもあるが、単にアマゾンで在庫がないだけという場合もある。メーカーのオンラインショップでは在庫ありになっているので、そう判断した。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.06.18

本筋じゃないけど、困ったちゃん

スラッシュドットジャパンの記事の本筋と関係ない「共用PCのユーザーインターフェーイスを勝手に変える人がいて困る。」のほうで思い出したことを。

うちの職場にも共用PC(Windoes2000)が2台並んでおり、最初は管理権限をPowerUsersにして、管理ツールでセキュリティをかけ、見た目はデフォルトにしておいた。

自分のパソコンでは何かあると困るとでも思うのか、共用PCの設定を色々と試して元に戻さず放置していく人が現れ、当然苦情の嵐。

その他に、勝手にプリンターをつなごうとするのもいたが、彼はUSBの扱いを知らなくて挫折。(ポートは背面にあったのだけど)

このようなことが繰り返され、ちょっと心配になり管理権限をPowerUsersからUsersに変更。

それでも、何故か設定が変わっていることがあるので、窓の手を使って更にセキュリティをさらに堅固に。

これだけしておけば大丈夫だと思ったのだけど、何かをトライするのがいてフリーズさせたまま逃げる人間がまだいる。どういうことをやったのか教えて欲しいくらいだ。

導入当初から「何かおかしくなったら知らせて、こっちもその方が助かるから。」と頼んでいるのだけど、改善されない。

過去にあったトラブル事例


  • パソコンやプリンターが動作中なのに電源を切る
  • レーザープリンターに感熱紙を入れる
  • 印刷中に、レーザープリンターのふたを開ける
  • マウスが動かないといって、マウスを机にたたきつける。
  • 電源がはいたままの状態で、勝手に周辺機器を左右入れ替える。
  • A3のトレイにB4の紙を入れて逃げていく
  • 必要がないのにプリンターのパネルから手差し印刷に切り替える
  • 紙詰まりさせたまま逃げるが、プリント内容から該当者は一目瞭然。それでも自分でないとがんばる。(紙詰まりしていると知らないで使った人が大変恐縮して、知らせに来てくれたのと対照的。)
  • キーボードを子供のようにバシャバシャ両手で叩く
  • A4用紙を使っているのに、紙サイズをカスタマイズに設定し直して印刷する人。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.17

寝ながら、落語

寝ながら落語、解決しました。

あきらめきれずに手持ちのMP3プレーヤーをいじっていたら、メニューの中にシャットダウンという項目がありました。中を覗くと2分に設定されている。

しかし、自動的に電源が落ちたことはない。

今度は再生モードを調べてみると「1曲のみ再生」がある。このモードで再生状態にして放置して戻ってきたら自動的に電源が切れているではないですか?

これで寝ながら落語が聞ける。今晩は何を聞こうかな(^^)v

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.06.16

まだ若い?

以前からちょっと話題になっていた若者にしか聞こえない着信音の話です。

どこかにサンプルがあるだろうなと思いながらも探していませんでしたが、スラッシュドットジャパンに記事が出ていたので早速聞いてみることにしました。

どういう加減なのかわかりませんが、QuickTimeでは聞こえなかったのに、別なプレーヤーにしたら聞こえます。

聞こえたのはいいのですけど、耳鳴りのような感じでまだ音が聞こえているような気がするのは、気のせいでしょうか?

参考記事
大人には聞こえない着信音

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常時接続?

「本来、常時接続とは24時間インターネットと常につながっていてIPアドレスが固定されているものだよ。ISDN・DSLの類は厳密には、ダイアルアップなんだ。」と教えていたら、生徒から「そういうのも常時接続といって宣伝しているけど間違いなの?」と切り替えされた。

「以前は従量制の料金体系で必要な時だけインターネットに接続するようにしていたけど、月額固定料金でつなぎ放題になってからは、一般家庭の固定料金の接続も常時接続というようになってきた。」と説明したけど、何となく自分自身も納得いかない。

SOHO本では、「専用線感覚」といっていたはずだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.15

RSSと固定リンク

生徒から質問されたのですが、理由がわかりません。

定期的にみているブログがあり、FireFoxにRSSを登録しているということです。
RSSの取得に失敗するけど固定リンクからたどると、そのブログが見えるというのです。「どうして、そんなことが起きるのだろうか?」という質問です。

僕には難しすぎて手におえません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.14

悪戦苦闘して

とある人がブログに書いた記事を見つけて、コメントかトラックバックをつけようかと思い何度も書いてみたが、うまくいかない。

ブログは公開されているからこそのおもしろさと難しさがある。

ここに書いていることは全て公開され、どんな人が読んでいるかわからないということも自覚している。そのため、逆に書けないことも出てくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.13

KDDIから2

さっきの記事を書いた後、もう少し記事をチェックしていたら妙なことに気が付いた。

KDDI顧客情報400万人分流出 情報巡り恐喝未遂も

この記事によると、DIONではなくauの犯人は顧客情報を手に入れたと思っているようだ。

調べでは、両容疑者は5月30日、「auの契約者の氏名、電話番号などのデータ約450万件を入手した。KDDIからの流出だ。どう対応する」などと同社に電話した。

これは記事の間違いなのか、本当に犯人がそう思っていたのか、情報の中にauのものもあったのか、真相が知りたい。

もう一つ気になったのは、この記事である。

【KDDI情報漏えい続報】「アクセス・ログは1年間しか保存していなかった」

記事の中で、下記のようなことが書かれているということは、このことを承知している人間が持ちだした可能性が高いように思える。

ただし,アクセス・ログは基本的に1年間しか保存しておらず,どのユーザーが情報を抜き出したのかは特定できていないという。

この手の問題は、結局のところ社長さんの言うとおりでしょう。

正規のアクセス権限を持ったユーザーが悪意を持ってデータを盗もうとすれば,絶対に大丈夫かと言われると可能性を否定できない。物理的な対策は当然として,それ以上に組織や社員の教育を徹底していかなければならない

これが本当ならば、不正アクセス対策をして更に正規ユーザーの監視も必要という議論も社内では起こるだろうということが想像されます。個人情報を扱う部署には、シンクライアントを導入したいと常々考えていますけど、イヤな出来事です。

これも情報モラルの教材にしなければならないのだろうなと思うと暗い気持ちになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KDDIから

KDDIで400万人分情報漏れ、恐喝未遂の2人逮捕
<恐喝未遂>KDDIから450万人分の情報入手、2人逮捕

記事によって50万人ほど流出数の違いがあるものの、KDDIl顧客の大半っていう感じに見えます。正確な被害者の把握にどれくらいの日数がかかるのだろうか?

おそらく、僕の周囲にも被害者がいるのだろうな

過去最高益も「満足してない」…KDDI社長

こんな記事もあった。両方の発表の時間関係はどうなっているのかも興味

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイエンスポータル

サイエンスポータル:400以上の科学関連サイトつなぐ

上記のような記事を見つけました。今後の様子を見ながら利用使用してみようかと思います。

サイエンスポータル

それにしても、紙面はともかくインターネット上では、URLを半角文字で表記してくれると良いのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.12

著作権2題

あの「464.jp」が再開?
テレビ局がYouTubeより手を焼いているのは……

どちらの問題も、コンテンツを適正な方法で安価に配信するようにしてくれれば解決するような気がするのですけど、どうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公立校の教員給与、見直し

公立校の教員給与、見直し 時間外の導入、能力型も検討

仕事が過重になっている人間がいるということは、仕事を充分に任せることができない人間がいるということです。その理由には色々な場合があるでしょうが、「社会人としてどうなの?」というものがあります。

そういった人間の給与をカットするところからはじめて欲しいものです。

書いたら、少し気分がすっきりした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.11

NHKの番組

放送・通信の在り方に関する、私見その3を読んで変な気分になりました。

地上波デジタルで著作権保護機能が強化されていくのに、NHKアーカイプに学校からアクセスできない。

受信料で作成された番組を、出資者である全国の視聴者がアーカイブにアクセスできなのはおかしい。

こういう利用法もNHKグループでは進めているのに、よくわからない。
高等学校>学習のしくみ:放送で学ぶ|NHK学園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蝉が鳴いている

風がちょっとまだ冷たいが、蝉の鳴き声が聞こえてきた。

今シーズン、はじめて聞いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.10

テープのりって便利

仕事柄、「スティックのり」はよく利用するのだげと、どうしてもはみ出したり、シワになったりと使い勝手がいまいち。

かといって、セロテープで封筒のフタをするのは失礼なような気がして気がすすまない。

そんなある時テープのりを試してみようかという気になって、ドットライナーの使い切りタイプを買って試してみたところ快適。

今日、買い物に行ったところバリエーションが増えており、従来タイプか「ドットライナーホールド」か迷ってしまい、買わずに帰宅。

今のを使い切るまでに決めよう(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.06.09

キーボードかマウスか

前回のエクセル実習の続きです。

エクセルに限らず、実習をやる時に問題になるのは生徒の習熟度です。

パソコンに本当にはじめてさわる生徒から、教師以上に使いこなしている生徒もいます。思った以上に初めての生徒がいますし、使ったことがあるという割にマウス操作になれていない生徒が目立ちます。。

そんな生徒達は、当然のことながらダブルクリックもうまくいきません。そこで、カーソルを目的のアイコンにあわせて左ボタンを1回クリック、そしてエンターキーを叩くという方法を教えます。

そしてエクセル上でのコピーペーストを教えるのですが、問題点がいくつかあります。

  • 手が不自由な生徒には、マウス操作が困難である。
  • ドラグが上手にできない生徒がいる。
  • マウスの右ボタンと左ボタンの役割を理解するのに時間がかかる生徒がいる。

そんな事情を考慮して、僕はマウス操作になれるまではキーボード操作を主体に教えます。「ctrl+c」、「ctrl+v」、「シフトキー+カーソルキー」を使った方法です。(これは意外と知っている生徒が少なく反応がよいので、良い方法と自画自賛しているのですけど)

同僚はマウス操作はほとんどの場面で共通に使えるのだから、最初からマウスでキーボード操作は教えなくて良いという立場です。

賛否両論あるかと思うのですが、こんな感じで実習をやっています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シンドラー社のエレベーター設置場所

北海道の所有しているシンドラー社のエレベーター設置場所の
リストを見つけました。後ろの数字は台数でしょう。

▽留萌支庁2
▽江別市の大麻中町団地2
▽札幌医大2
▽後志管内余市町の中央水試1
▽旭川市の北方建築総合研究所1
▽江別市の埋蔵文化財センター1
▽十勝管内の音更高校1
▽後志管内の余市養護学校1
▽旭川西高1
▽札幌市の手稲署1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.08

ブログの更新

<愛媛県>勤務中にブログ書き込み、職員を懲戒処分

おそらくどこかから通報があったのでしょうが、勤務時間中にそんなことをしたらまずいとおもわなかったのでしょうか? それとも身元がわからないとおもっていたのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.07

義経鍋

とある方から、義経鍋のことがでているブログがあると教えてもらいました。義経鍋以外にもおいしそうな料理が並んでいました。

この方のブログにはおいしそうな店がいくつも紹介されいてますので、興味のある方は覗いてみてください。

札幌・おいしい・おもしい情報

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.06

メールの量

ここ何ヶ月かは1ヶ月に千通ちょっとのペースでジャンクメール(迷惑メール)が届いている。フィルタをすり抜けてくるのがほんの数パーセントなので、「かなりフィルターの性能は良いのだろう。」と判断している。

ユーザー登録しているところからくる「お知らせメール」を含めてチェックすべきメールは、ジャンクメールの何分かの一にすぎない。

このメールアドレスを変更すべき時期かどうか考える時期なのだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.06.05

最初の実習(教科情報)

教科情報の実習で、サーバーに各種ソフトを導入して独自の実習を展開している人もいる一方、十分な時間も機材もないところで実習をしている人も多いと思います。

うちなんかは後者ですし、入学時点のパソコンに対する習熟度がものすごく差があるという現実にも悩まされています。

普通は電源の入れ方、マウスの使い方などから始まり、タイピング練習も日本語変換になれるように始めるのかもしれません。

僕は電源の入れ方から始めてすぐにエクセルの実習に入ります。

簡単な表を用意して、日本語入力は一切せずにローマ字表記で表の項目を入力させます。(日本語入力ができる子は、日本語で入力させます。)

数値を入力させて、簡単な集計作業をします。その時にマウスをできるだけ使わずに、キーポード操作でのコピーペースト、計算式の入力などを教えます。

コンピュータを扱える子でも、多くはメールとネットサーフィン(死語か?)とワープロ程度しかしていないので、「エクセルは初めてだ。」と言って興味深げにやっていますし、キーボードだけでコピーペーストができることに驚きます。(実習では、マウス操作中心にしているところが多いのでしょう。)

初めての子は簡単に集計作業ができるので、コンピュータの威力の片鱗を感じるようです。

こんな形で多少インパクトを与えて、実習への食いつきを良くしようと試みています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.04

ストレス発散

今夜も落語で眠りたいという本を紹介したが、自分では持っていなかったので、買ってみた。

最近、新書版で落語本が増えているらしくその中の一冊らしい。

まだ読み終わったわけではないが、明烏が取り上げられていたし、たまたま古今亭志ん朝と桂文楽の明烏が手元にあったので聞いてみた。

若旦那の感じは文楽版の方が好みに合う。連れ出す札付き二人の感じは志ん朝版の方がいい感じだ。

どちらを聞いても気持ちが良い。

ストレス発散には、音楽と落語と仲間との宴会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.03

とあるニュースサイトで

とあるニュースサイトでクールビズ絡みの記事の中で、以下のような表現を見つけた。

「ネクタイを外して経費節減」ならば、少々の不儀礼も仕方がないかも。

「不儀礼」という表現は初めて見た、goo辞書にはなかった。気になる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.02

盗電

カノジョと長電話で電池切れ、5銭分電気盗み取り調べ

この記事を見つけて、他に記事がないか調べてみたところ以下の2本がありました。

5銭分の電気盗み取り調べ 電話中に電池切れ
5銭分の電気盗み取り調べ/電話中に電池切れ

これについては、「盗電」という言葉があるくらいなので知られているかと思ったがそうでもないようです。常識ある人と思っていた人が、携帯電話禁止のところで通話して注意され、その後コンセントを拝借して充電して、また叱られといった話も聞いたことがありますから

今までは、情報Cの情報モラルの教材として下の記事を使ってましたが久しぶりに新しい記事が加わりました。

ラジカセ電源、ケータイ充電アウト 大阪府警が検挙

 被害が1円でも犯罪は犯罪――。街頭でダンスのパフォーマンスを披露しようと、自販機用のコンセントから伴奏用ラジカセの電気を拝借したとして、大阪府枚方市の男子大学生(22)が府警枚方署に電気窃盗容疑で検挙されていることが分かった。看板の電源で携帯電話を充電していた男性会社員(38)が門真署に摘発されていることも判明した。いずれも被害額は1円程度。軽微な被害での検挙は異例だが、目に余る行為に、警察がお灸をすえた形だ。

 調べでは、大学生は昨年11月26日未明、京阪電鉄枚方市駅前でダンスミュージックを流すため、スーパーマーケットのジュースの自販機のプラグを引き抜き、持参のラジカセをコセントにつないで約5分間、電気を無断使用した疑い。

 近隣から騒音の苦情を受けて、現場に駆けつけた枚方署員が発見した。被害が極めて小さく、大学生が反省していたため、同署は検察官に処罰を求めない「微罪処分」として処理した。
 一方、会社員の場合、同年9月、門真市内のドーナツショップで、電光看板のコンセントを使って携帯電話を充電していたところを、通報で駆け付けた門真署員に検挙された。被害は数分間の電気代1円48銭という。同署は大学生と同様に厳重注意の上、微罪処分にとどめた。

 刑法の窃盗罪は「財物を窃取」する犯罪だが、無形物の電気は「財物とみなす」(245条)と定められており、有形物と同じ扱いを受ける。罰則はともに10年以下の懲役。

[毎日新聞1月10日] ( 2004-01-10-15:00 )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHKのネット収益事業

NHKのネット収益事業解禁を提言 自民党議連

受信料を原資に番組制作しているNHKがコンテンツをインターネット上で再配信することには賛成だが、有料とはちょっと納得がいかない。(既に一部では有料配信しているようだが)

再配信のためのコストがかかっているのはわかるが、どうもわからない。

出資者である人々の理解をとれる形と本当になるのだろうか?

諸外国ではどうなっているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.01

メールアドレスで使える文字

auのEメールアドレスが相互接続性を保障できないルールに変更?

以前からピリオドとアンダーバーについては、プロバイダーやキャリアによって取り扱いが違うことは何となく気が付いていた。

この記事を読むと、しっかり学習しておかないと生徒から質問が出た時に答えられない気がする。調べないと

今日は本当に覚え書きだ(^^;

顔文字をメアドの一部にするのはジャンクメール対策には良いかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常識はずれから

「おしゃぶりであご変形」 母子がコンビに賠償提訴
かみ合わせの異常「おしゃぶりが原因」 母親らがメーカー提訴
「おしゃぶりで歯に障害」 6歳児と母が販売元を提訴
「おしゃぶり」で障害=母子が販売会社提訴-東京地裁

一番上の記事のタイトルを見て、どうして、そんなことが起きたのかと気になって調べてみたら、下記の3本の記事がみつかった。

おしゃぶりの構造上の欠陥などではなく、単に親が常識はずれだったということだけだった。子供がかわいそうである。

パチンコの間に子供を放置する親と精神構造は変わらないような気がする。

こういった若い親を批判するのは簡単だが、若い親たちだけに原因があるのではないと思う。問題は彼ら彼女らの両親世代にもあるのではないだろうか?

うちのマンションは、その世代が多く住む。マンション周囲の無法駐車、階段での喫煙、ゴミの投棄など目に余る。

この間は蛍族がベランダから火のついたタバコを投げ捨てて、下の階のベランダに飛び込んできて一騒ぎである。

こじつけかもしれないが中間世代としてはそんな気がしてならない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »