« CD/DVDリストも更新 | トップページ | GmailとUTF-7 »

2006.05.22

天然痘

天然痘ウイルス:米国とアフリカ諸国、廃棄期限で対立--WHO決議調整難航
天然痘ウイルス:廃棄期限で対立 米とアフリカ諸国

この記事を読んで思い出したのが、「メタルカラー」の時代です。

どの巻だったか記憶にないが、「天然痘は人間同士の間でしか感染しないので、封じ込めるのに成功したのだ。」、「社会主義実現のための一つの方法として、ソビエトががんばったのだ。」というような内容のことがでていたような記憶があります。(記憶に頼らず、一次資料にあたるべきなのでしょうが、見あたらない)

本当に人間同士の間でしか感染しないようなので根絶宣言をしたのでしょうけど、最初の感染者はどのようにして、感染したのでしょうか?(メタルカラーの時代を読んだ時も疑問におもいましが)

テロに備えての研究ということは、アメリカ・ロシア両国の研究所以外からもウイルスを手に入れることができる可能性があるということなのでしょうか? (ひょっとすると、土葬された遺体から、取り出せるのかな?)

参考記事
痘そう(天然痘)
痘瘡(天然痘)について
IDWR: 感染症の話 天然痘

|

« CD/DVDリストも更新 | トップページ | GmailとUTF-7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/10191011

この記事へのトラックバック一覧です: 天然痘:

« CD/DVDリストも更新 | トップページ | GmailとUTF-7 »