« 短大受験者の合否情報、ウィニーで流出 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

2006.04.05

短大受験者の合否情報、ウィニーで流出 Vol.2

多忙モードの中ちょっと一息ついてます。

なぜ入試の生データを渡したのでしょうか?

「業務委託先からの要請とはいえ、個人情報の入った生データを提供したことは配慮に欠けていた」

このように謝罪していますが、渡した具体的な理由が示されていないし、委託に当たって情報の守秘に関しての契約や作業方法に関する指示がなされていたのかもわかりません。

開発側は具体的な生データがあれば、担当者との確認作業用を軽減できるのでそのようなものを要求してくるのは当然です。その時に渡す情報の質を誰もチェックしていなかったということではないでしょうか?

これも情報Cのネタにできます。

参考記事
<北海道武蔵女子短大>受験生の合否情報流出 ウィニーで
情報流出:北海道武蔵女子短大、合否情報が流出 ウィニーで1000人分
ウィニー:情報流出で武蔵女子短大が会見で陳謝 北海道

|

« 短大受験者の合否情報、ウィニーで流出 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/9446085

この記事へのトラックバック一覧です: 短大受験者の合否情報、ウィニーで流出 Vol.2:

« 短大受験者の合否情報、ウィニーで流出 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »