« GLAD ALL OVER | トップページ | PSE法の例外 »

2006.03.13

落雷事故について

自然災害を予見できる状況だったのかどうかについては新聞記事からは判断できません。

誰が競技の開始・続行・中止の判断に関する権限を持っていたのかということが記事から読み取れません。しかし、引率した担当教諭にはそれらの権限がないのが普通です。それでも、担当教諭に責任を求めるというのは酷ではないでしょうか?

それとも、このような判断が下されるということは、担当教諭が判断の権限を持っていたのでしょうか?

遠征試合中落雷で障害、「高校に責任なし」破棄 最高裁
訴え7年、「安全」に光 高知落雷事件訴訟

|

« GLAD ALL OVER | トップページ | PSE法の例外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/9075162

この記事へのトラックバック一覧です: 落雷事故について:

« GLAD ALL OVER | トップページ | PSE法の例外 »