« ボーダフォンがソフトバンクへ | トップページ | ボーダフォンの行方 »

2006.03.05

環境問題のウソ Vol.2

環境問題のウソについての第2弾です。

第2章はダイオキシンについてです。

ダイオキシンの害が必要以上に騒がれているという説は僕も以前から聞いてます。

氏は半致死量を元に害が過大に評価されていると自説を展開しています。そうだろうなと思う点もありますが、地球温暖化ほどの説得力を感じません。

また、氏は「環境ホルモン」作用については「ウソ」と断じていまが、はっきりしない部分も多いとも聞いてますし、次のような説も聞いたことがあります。

純粋な「ダイオキシン類」は猛毒であるが、「環境ホルモン」作用はない。しかし、ダイオキシン類が生成される過程で生じる不純物に「環境ホルモン」作用があるようだ。だから、ダイオキシン類の発生を押さえ込む必要がある。

どちらにしても、第2章で紹介されていた本なども読んでみないと駄目だろうなという気にもなります。

ちなみにダイオキシン類についての資料はこれです。
ダイオキシンって なあに?

|

« ボーダフォンがソフトバンクへ | トップページ | ボーダフォンの行方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/8952902

この記事へのトラックバック一覧です: 環境問題のウソ Vol.2:

« ボーダフォンがソフトバンクへ | トップページ | ボーダフォンの行方 »