« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.31

泥湯温泉・硫化水素ガス中毒

今回の事故のガスも火山性ガスに分類されるのかどうかわかりませんが、自然に噴出されるガスでの事故は時々起きているような記憶があります。

今回の事故のガスが噴出している場所は、地元の人は危険な場所としてわかっていたようです。これを示す記事から引用しておきます。

 湯沢市によると、泥湯温泉には以前から屋外に硫化水素ガスが噴出する場所が数カ所あり、積もった雪の中を湯が流れてできる空洞にガスがたまることがある。

 今回の現場付近ではウサギなどが倒れていることもあり、地元ではガスが濃い場所として知られていた。救助隊が駆けつけた際、空洞内は125ppmまで計測できる硫化水素計測器の針が振り切れるほどガスが濃かった。

また、この辺りをどのように管理していくのかが問題になっていくのではないかと思っていたら、それに関する記事も見つけました。

秋田県によると、泥湯温泉一帯は栗駒国定公園で県が管理。現場近くの駐車場は、県が国から借り受けた上で湯沢市が管理している。しかし、くぼ地のある場所の管理者は、はっきりしていない。秋田県は「直ちに県の管理責任が問われるか、規定が明確でないため難しい」としている。県警は管理者の特定を進める方針。湯沢市は事故を受け、現場一帯の宿泊施設に対し安全が確認できるまで新たな予約の受け付けを自粛するよう要請した。

地元の人は、「ガスがでるところはわかっているし、それ以外の所は危険じゃない。」と考えているのではと思っていたら、それに関する記事もありました。

避難先に指定された市内の宿泊施設によると、同日夕までに温泉客14人が避難したが、住民は「危険な変化はない」(74歳男性)などとして避難していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.30

山形・特急脱線

タイトルの事故の件ですが、新聞によってタイトルが違うので、タイトルの意味を調べさせ、違いを確認させるのも
教材になるかなと思ってます。

山形特急転覆:原因は「ダウンバースト現象」の可能性
羽越線脱線原因、マイクロバーストか…事故調が有力視

ダウンバーストの解説については、以下あたりが適当かなと思っています。
気象庁 | 風
日本損害保険協会 | 自然災害に備えて | 風害に備えて | SONPO

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.29

プロドライバー

忘年会の帰りにタクシーに乗ったら最近この交差点付近は無茶な運転の車が増えてという話になった時に、「会社の看板を背負った車でも増えているんですよ。」というので、「なぜ?」と聞くと、「4トンまでは普通免許で乗れるので、乗用車感覚で運転するプロといえない運転手が増えちゃったんですよ。」とのことでした。

いわれてみると、思い当たることが何度もあった。さすがプロドライバーという運転をする人の方が圧倒的に多いのだろうが、毎日長時間運転しているタクシーの運転手さんからみると相当増えているのかなと車中でしみじみ思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.12.27

Ultr@VNCとノートン

webカメラで遊んでいますが、原因がわからない現象で困っています。

状況を周囲に話をすると、ノートンが原因だといわれますが正確な原因はわかりません。

症状はこういう事です。

パソコンAにwebカメラとUltr@VNCをセットアップしてます。それをパソコンBとパソコンCからコントロールしようとしています。B、Cどちらも同じ条件にしているはずなのですが、なぜかBからはAに接続できないのです。

最初はどちらも接続できたのですが、アップデートを繰り返しているうちにいつの間にかBだけ接続できなくなっていたので、原因が思いつきません。

下手に原因追及をしてホームサーバーのようにノートンがこじれてもイヤなので、放置していこうかなとも考えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.26

ファクシミリがつながらない

とあるメーカーの修理窓口にファクシミリを送ろうとしたら、話中でリダイアルとなった。

話中では仕方ないとあきらめて何度もリダイアルさせたが、いくら待ってもつながらない。ひょっとして思い、手動でやってみると、「この電話はつなげることが出来ない。」というようなメッセージが流れてくる。

メーカーの窓口側の回線か、KDDIの光電話が原因かよくわからないが、つながらない回線があるというのは困ったもんだ。

バックアップ回線として、NTT回線を引いておいた方が良いのか?(うちは事務所じゃないから現実的でないし)

結局、寒い中コンビニまで行ってファクシミリを送ってきました。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.25

ホームサーバーあきらめる

ノートンがこじれたので、とりあえずホームサーバーはあきらめました。

代替え策として、リモートデスクトップを利用して音楽を再生することにしました。
これが不思議でコントローラーとして使っているアプティバ自身で再生するより音がいいです、なぜでしょうか?

よく分からないけどビデオをあきらめれば、これでいいかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.24

ノートンインターネットセキュリティ

ホームサーバーを作ろうと「カノープスのFEATHER」で色々試していたのですが、そのうちにノートンインターネットセキュリティがエラーメッセージを返すようになってしまいました。

仕方なくアンインストールしてから再インストールしたのですけど、このソフトはネットワーク関係を短時間にいじり回すとおかしくなるような気がします。

この後どうしようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラウザとJava

昭文社、ブログに貼る地図サービスを開始

上記のページで常時Java ScriptをONにしておくか?という発言があった。

以前はセキュリティ上、Javaはオフにしておいて必要な時にオンにしておくという話をよく聞いた。オンオフを切り替えているうちに、状態を忘れてしまうこともあるので僕は下記のような方法をとっている。

Javaに限らずセキュリティを高めた状態にしたFirefox(以前はNetscape)を常時使うブラウザに指定し、有名なオンラインショッピングなど問題が少なそうだと判断できるところ(リスクが小さそうな所という意味)ではIEという風に使い分ける。

同僚でもこのように使っている人がるが、少数派なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.22

ブログが名刺代わり?

定期巡回先であるLife is beautiful就職・転職活動にブログを利用すべき時代が来ているという記事が出ていた。

就職活動の際に自分の作品を提出するような場合は、作品が人物を語ってくれるだろうが、そうでない場合には面接で自分のことを語らなければならない。簡単なようでいて大変難しいことだと思う。

「高校生の一番身近なプレゼンテーションは面接試験だよ。」といってきたが、誰にでも有効なアドバイスがあるわけではないので、正直こちらもつらい。

何かの作品を持たない生徒達に、何年もかけて運営しているブログやホームページをプリントアウトさせて持たせるのは、付け焼き刃的な面接対策よりもずっと良い方法だと思う。

でも、6月の読売みたいに中途半端なことを考える人間もいそうで、どう作戦を立てると良いのやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進化論と宗教

前にも書いたと思うが、アメリカでの創造説(創造論でなかったかな?)と進化論の争いがまた記事になっていました。

米国:“反・進化論”科学じゃなくて→宗教です 教育利用は違憲--米東部の連邦地裁

それにしても、創造説を「インテリジェント・デザイン(知的設計)」論と称するのは勘弁してもらいたいが、判決理由は明快でわかりやすいし、消えてしまうので引用しておく。

ハリスバーグ連邦地裁のジョン・ジョーンズ判事は、139ページに及ぶ判決で、知的設計論は、神が世界や生物を創造したとする「創造説」を改称しただけだと明言。(1)超自然的説明を許容している(2)創造説に似た非論理的主張を援用している(3)知的設計論者による進化論批判は科学者に論破されている--などの理由を挙げて、「科学理論とはいえない」と認定した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

耐震偽造:構造計算のプログラム

ようやく構造計算のプログラムに関する話題がある程度の大きさで取り上げられるようになってきました。今回の記事によると、改竄(かいざん)を防ぐために電子データを暗号化するというものらしいです。

この記事では、基準値よりも小さい外力を入力した場合にプログラムがどのような挙動を示すのかがわからないのですが、改竄を防げるのでしょうか?

それにしてもお粗末なプログラムを認定していたことの責任については、記事の中に見あたらないのがきになります。

以下の部分を読むと、フェイルセーフというか、安全側に動かなければならない強度計算のプログラムを認定しているという意識が国土交通省にあったのか知りたいです。

同省はプログラム製作会社ごとに異なっている構造計算のフォーマットを共通化することなどと合わせて、改ざん防止の整備費用として来年度予算案に2億5000万円を盛り込んだ。

参考記事
耐震偽造:構造計算 改ざん防止の「暗号キー」検討

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.21

ホームサーバー

仕事が忙しかったり、体調不良でブログを更新していなかった。若干体調も良くなったので、あり合わせの機材を用いてホームサーバーを構築しようかとトライしはじめた。

カノープスのMTVX2004HFとFEATHER2005をもっているので、ネットワークモードで他のPCからでもテレビやビデオや音楽を試せるはずだとトライしはじめたのですけど、うまくいきません。

これがうまくいくと茶の間でも色々と楽しめるはずなんだけどうまくいかない、いっそのことDLNA対応のソフトを買っちゃおうかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.15

水没携帯電話の復活法

おもしろいので、よく見にいくサッポロ1番さんのブログ「札幌・おいしい・おもしい情報」に水没携帯電話の復活に関する荒技がでていました。

全ての場合でうまくいくとは思いませんが、もしもの時の最終手段でしょう。

素朴な疑問ですが、メモリーカードの類ははずすのでしょうか?

水没携帯電話の復活1500円?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.14

液晶付きのヘッドセット

昨夜話題にした液晶付きのヘッドセットはこれです。

製品紹介は「Jabra BT800 製品情報」です。

「ブルートゥース対応ハンズフリーBTHS-6023S4」も携帯電話の平形イヤホンジャック対応なので、ZERO3で使えると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜のビデオ

昨夜の三次会で流れたビデオはおそらく、セッションズ・フォー・ロバート・Jでしょう。

これは、クラプトンがロバート・ジョンソンをカバーした『ミー&Mr.ジョンソン』のアルバムのメイキングといった感じかな?(観るのは初めて)

ロバート・ジョンソンは「キング・オブ・デルタ・ブルース」と呼ばれているそうで、後のミュージシャン達に多大な影響を与えているそうです。そういわれているのですが、彼の残したのは全部で29曲(42テイク)だそうです。それがCD化されたものが、コンプリート・レコーディングスです。

しかし、これ以外にもまだ1曲あるはずだと聞いた少年がその曲を求めて旅に出るのが、クロスロードという映画です。

主人公がラルフ・マッチオなんですけど、実際にギターを引いていたのがライ・クーダ、主人公と張り合うギタリストがスティーヴ・ヴァイのはず。

とにかくギターがかっこいい映画だったけど、監督がウォルター・ヒルというのがちょっと意外な感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.12.12

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種をして、しばらくしたら体がだるくて集中力もなくなりボゥーとしてしまうので、インフルエンザの予防接種について調べたところ以下のサイトを見つけました。

厚生労働省:*予防接種対策に関する情報*
国立感染症研究所 感染症情報センター:インフルエンザ

5~10%の中の一人だったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.10

THE RC SUCCESSIONの「RHAPSODY FAKE」

THE RC SUCCESSIONの「RHAPSODY NAKED」をほぼ毎日聴いている。

「ステップ!」のエンディングの後に、清志郎の「サンキュー、愛してます」から「OK、銀次」までの語り(?)が入っている。

これがどうしても気に入らない。CDプレーヤーやMP3プレーヤーで聴いているとどうしてもスローバラードになめらかにつながらない、トラック間の無音部分があるせいだろう。

それとスローバラードから聴こうと思っても、「OK、銀次」がない。

WAVE EDITORの類でで2曲をなめらかにつなぐこともできる。そうすると不満の第1点は解消できる。(The BeatlesのSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandでもやったことがある。)

それでは不満の第2点が解消できないので、2曲をなめらかにつないでから、清志郎の「サンキュー、愛してます」のあとのキーボードの途中で分割することにした。

こうすることで、全ての不満を解消してからMP3に転送しなおすことを考えていた。

実際に上記の作業をしてから、ふっと思いつき、「the TEARS of a CLOWN」から何曲か加えて、「RHAPSODY FAKE」として転送することにした。

それが下記のもので、曲名の最後に「*」をつけたものを「the TEARS of a CLOWN」から加えた。

01 - Opening MC
02 - よォーこそ
03 - ロックン・ロール・ショー
04 - エネルギー Oh エネルギー
05 - ラプソディー
06 - ボスしけてるぜ
07 - まりんブルース
08 - たとえばこんなラヴ・ソング
09 - いい事ばかりはありゃしない
10 - Sweet Soul Music~The Dock Of The Bay
11 - トランジスタ・ラジオ *
12 - ドカドカうるさいR&Rバンド *
13 - ヒッピーに捧ぐ *
14 - エンジェル
15 - お墓
16 - ブン・ブン・ブン
17 - ステップ
18 - スローバラード
19 - 雨あがりの夜空に
20 - 上を向いて歩こう
21 - キモちE
22 - 指輪をはめたい

こんなことを考える「あきれた奴」も少ないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.09

MS純正環境復活ツール

Microsoft Shared Computer Toolkit for Windows XPなるものがリリースされたようです。

簡単に言うと、管理者の望まない変更を阻止し、万が一変更されても起動時に元に戻してくれるそうです。

宣伝文句を引用すると、以下のようになっています。

このツールキットを使用すると、学校、図書館、インターネット カフェなどの公共の場所に置かれた、Windows XP を実行する共有コンピュータを誰でも簡単にセットアップ、保護、および管理することができます。

実験機が用意できれば暇な時に試してみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.08

防犯カメラに

職場の防犯カメラにこれを使ってみたいです。価格的には厳しいでしょうが、電源不要というのがいいですね。

モバイルネットワークと太陽電池による完全ワイヤレス監視カメラ『BlinkShot』全国発売開始
BlinkShot(ブリンクショット)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.07

ISP提供のメールフィルタ

前にも書いたと思うが、ジャンクメールが多いので「ISP提供のメールフィルタ」を積極的に利用している。数週間前に少し調整してみたところ、非常に効率よくジャンクメールをはじいてくれる。

ほぼ100パーセントといっても良いくらいくらいの感じでジャンクメールをはじいてくれている。ただ、ごく限られたメールアドレスであるが、ジャンクメールとして処理されてしまうものがある。それについても対策済みなので、メールの取りこぼしもなく快適である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Webメールと鍵マーク

httpsが気になったので、とりあえず今利用しているWebメールの状態を調べてみた。

職場のWebメール
ID、パスワード共に鍵マークなし

無料のWebメール(2社)
ID、パスワード入力時には鍵マークがあるが、本文取得時には鍵マークなし

メインISPのWebメール
ID、パスワード入力時、本文取得時共に鍵マークあり

職場のWebメールは論外ですが、無料のWebメールは本文が盗聴される可能性があるということですから、これは使う場所をよく考えようということでいいでしょう。

そうすると一番安全なのは、ISPの提供するものということなのでしょうが、ISP毎に対応が異なるでしょうから全て安心というわけではないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.05

金魚が卵を産んだ。

我が家の金魚が卵を産んだ。

1匹になってしまったので受精することはないが、水槽の掃除が大変だ。(俺が掃除するわけでないけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるhttps

職場のメール環境もWebメールだけど、ほとんど使ってこなかった。しかし、自宅で使うようになったのである。

そうすると右下に出てくる鍵マークの有無が気になって仕方ない。今まで以上に気にしてみるとWebメール以外にも暗号化の場面が多いことがわかってくる。

そうすると某ショッピングサイトの入り口がhttpsとなっていないようにも見えるが、注意書きは「送られる情報は暗号化されています。」となっている。一応信じて利用しているが、どうなのだろうか?

Webメールも本文を読んでいる時は、鍵マークがないところがあるがどうなのか?

気になるところなので、いずれ調べてみようと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.03

情報のフィルタリング

最近、色々とKnoppixを試しているので、起動の度にプロキシの設定を再度行っている。(USBメモリに環境に関する保存できるPCとそうでないものが混在しているので、仕方ない。)

プロキシの設定をしながら、次のようなことを考えてしまった。

職場のインターネット環境は情報処理センター経由なので、そこでフィルタリングが行われており、当然のことながら見えるものと見えないものがある。

ココログは完全に見えないし、Googleキャッシュもみえない。何が目的でここまで厳しくフィルタリングするのかわからないが、デフォルトではこうなっている。現状は教員には厳しすぎるともいえる。(困るほどではないけど)

以前、とある事情から一部のパソコンのフィルタリングを一時的に厳しくしたら、官庁のホームページまで見えなくなって困ったことがあったのに、似ている。

「インターネット上でニュースを見ることができるようになり便利になった。」という人が多いが、多少不便でもパソコン通信時代のニュース速報(記事検索だったかも)の方がフィルタリングが少なかったような気がする。

私見だが、パソコン通信時代は紙面に載る予定がはっきりしていなくても、すぐに配信されていたのではないだろうか、そしてそれが何かの都合で紙面に載らなかったこともしばしばあったのではないだろうか?

インターネットで情報が手に入りやすくなったように見えるが、実は情報のフィルタリングは進んでいるのではないだろうか?

そんなことを生徒に意識してもらいたいと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.01

「THE KING OF LIVE」を聴いて

ラプソディネイキッドよりもきれいにまとまっているというのが正直な感想です。
勢いを感じるネイキッドの方が聴く機会が多いかな

ここ数日やたら重くてWebから書き換える気がしなかったのですけど、モブログ
の反応はどうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »