« パーソナライズド ホームページ | トップページ | 恥とは? »

2005.11.10

スパイウェアと暗号化

この記事を読んで疑問がどんどんふくれていきます。

スパイウエア使った不正振り込み、容疑で男逮捕 警視庁

ウイルスについては、色々と取り上げられているので多くの人がある程度の知識を持ってきていると思いますが、スパイウェアについてはどうなのでしょうか?

商売をしている人は顧客からのクレームに添付されている写真などはあけざるを得ないという心理を利用している、この手の犯罪についてどう教育するのがよいのでしょうか?

ウイルス対策ソフトで添付ファイルをチェックしたり、スパイウェア検知ソフトで定期的に検査するだけでは不十分のような気もします。そうするとパーソナルファイヤーウォールで口座番号やクレジットカード番号の一部が送信されないか検知するくらいしか僕は思いつきません。

しかし、その手のソフトウェアは暗号化された通信の内容をチェックしていないと思うのですが、勘違いでしょうか?(チェックできるようならば、暗号化の意味ないですよね。)

この辺を正確に理解しないと、教えるのは難しい気がします。

オンラインバンキングは利用してないので確信できないのですが、乱数表を利用した二つ目の暗証番号も一致しないと認証されない銀行を使うのが安全と思ってしまうのですが、どうなんでしょうか?

時代の変化が速すぎて、疑問点ばかり増えていく(^^;

|

« パーソナライズド ホームページ | トップページ | 恥とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/7024058

この記事へのトラックバック一覧です: スパイウェアと暗号化:

« パーソナライズド ホームページ | トップページ | 恥とは? »