« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.28

自動翻訳のSkype

さきほど、Oyajin氏から「Translator.exe」を送ってもらった。これはSkype上で英語と日本語の自動変換を行ってくれる優れものです。

学校でも色々な場面で使えそうで楽しみなソフトです。

実際の様子は下記を参考にしてください。
Skypeでインターナショナルチャット
Skypeチャットで英語の勉強

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.11.27

メディアと個人情報

ある人に下記のサイトの情報を教えてもらった。

http://probe.jp/EPIC2014/
http://probe.jp/EPIC2014/ols-master.html(日本語字幕付き)

内容については観てのお楽しみということでここに書かない。方向性としては充分予想されるものだけど、どう考えるとよいのかわからなくなってしまう。

これを生徒に見せても反応は悪いだろうなと予想されるけど、同僚にみせるとどんな反応になるのか興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.26

ソニーrootkit問題

今日衝動買いしてきたCD聞こうと思って手に取るとSONY CLASSICALのロゴ、問題になっているのはソニーBMGだから厳密にはレーベルは異なるはず。

でも、パソコンで聴くのは怖い、今までにパソコンで聴いたものの中にrootkit入りのものが無いとは断言できないことに気が付いたら非常にイヤな気分になってしまった。

とりあえずラジカセで聞くことにするけど、確認方法はないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射線検出

最近、よく読みに行く古川さんのブログに興味深い記事がありました。

アメリカの入国時検査時に入国審査官がもっているマシンが反応したため、ひどい目にあったというものです。おそらく、そのマシンはガイガーカウンタの一種なのでしょう。

2週間も前の医療検査用の放射性物質に反応したというのですから恐ろしく高性能なのでしょう。被爆量は小さいはずだから体に影響はないのでしょうが、思った以上に滞留しているものです。(どれくらいの期間で体外に排出されるのでしょうか?)

一定量以上の放射性物質に反応するのでしょうが、このモニターを持って飛行機に乗るとどうなるのでしょうか? おそらく鳴りっぱなしになるのでは?(飛行機の乗務員の被爆は健康問題として、マスコミに取り上げられたこともあるはず)

一度だけ実験用原子炉用の本物の燃料棒を持ったことがあるので、この手の話題には興味がわきますし、古川さんに一度お会いしたことがあるのでなおさらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーダフォンのメール遅延と告知

まだメールが遅延しているので、コールセンターに「今、何か障害が発生しているの?」と質問したら、「障害は発生していません。」という回答でした。そこで「24日の深夜からこういう症状で遅延しているのだけど、端末の故障?」と再度確認したら、「24日夜から発生した障害は現在は回復しているはずですが、その影響かもしれません。」という回答です。

障害そのものには文句をいうつもりはないが、告知はきちんとし、ユーザーに隠すことはしないで欲しい。ホームページにも障害の告知のページを用意しているのだからきちんと対処して欲しい。

この1年トラブルが多い3G端末を使ってきたが、この際ボーダと縁を切ろうかと悩んでしまう。auはメールの着信通知無料かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.25

ボーダフォンのメール遅延?

表題の通りなのですが、昨夜からメール遅延が起きているような気がします。遅延しているメールが何かの加減でまとまって送られてくるという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再発売 THE RC SUCCESSION のCD

再発売されたTHE RC SUCCESSION のCDを2枚買いました。

THE KING OF LIVE

the TEARS OF a CLOWN

やっぱりライブ盤を買わないとということで、この2枚を優先しました。(本当は全部欲しかったのですけど)

「THE KING OF LIVE」を聞きながらこれを書いていると、かって武道館でのライブのレコードかビデオがでていたような記憶がよみがえってくるのですが、感違いでしょうか?(ロックン・ロール・ショウ 80/83ではなく、武道館ライブだけの単独のもの )

| | コメント (4) | トラックバック (1)

Bluetooth モバイルヘッドセット Vol.2

M2500は902SHとセットで使っているので、Skype専用にしてしまうと不便なので、「ブルートゥース対応ハンズフリーBTHS-6023S4」をSkype用にしてみました。

一度ペアリングしてやると、パソコンの電源を切っても再度ペアリングの必要もないので意外と便利ですが、M2500ほど装着感が良くないのが欠点でしょうか。

BTHS-6023S4を楽天で検索してみてください。何店か扱っているはずですが、以前より扱っているショップは減っているような気がします。

今不満なのは、携帯電話を鞄に入れている時にヘッドセットで着信がわからないことです。それを解決してくれるのが、これです。

イヤフォンで聞いていた着信音をJabra BT800ではバイブレーションに替えることも可能です。これが進化したヘッドセットの特性のひとつです。また、着信音を5種の独自のリングトーンから選択可能で周囲へのマナー配慮をUPすることもできます。

いゃー物欲が刺激されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.24

Bluetooth モバイルヘッドセット

ボーダフォン902SHとGATE Bluetooth モバイルヘッドセット M2500 (日本語版)を組み合わせて使っていました。

Skypeの時に有線のヘッドセットは邪魔なので、M2500でできないかなと思って何度か試してダメかと思っていたのですが、本日再度ペアリングからやり直したら使えました。

調子に乗って落語などを聞いていたのですが、電池切れです。

ちなみにブルートゥースのアダプタはハギワラシスコム HNT-UB03 Bluetooth USB Stickです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.23

マンション耐震強度偽造 Vol.2

前回紹介した記事よりも、もっと具体的にどの程度の応力で計算しているかを示している記事が出てきました。

引用します。

一次設計に必要な入力データは常識的な数値だったが、導き出された建物全体の重量はなぜか、本来の七割程度にしかなっていない。さらに、地震の横揺れへの耐力を算出する際、半分程度の外力で計算していた。

 “粉飾”がなされているため、計算の途中ではほころびも出てくる。建物各階の重さは、一平方メートル当たり通常十四キロニュートン(一キロニュートンは百二キロの物体にかかる重力)程度のはずが、このマンションでは八キロニュートン以下にしかなっていない。計算書では、各階ごとに記載するのが一般的だが、姉歯事務所は記入していなかった。

安全性を求められる計算が必要なソフトウェアなのに、必要な数値以下で計算できるようにプログラミングされているのは問題だ。」と考えるのは間違いでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KNOPPIX Vol2

KNOPPIXの設定ファイルをUSBメモリに記録して遊んでいたのですが、妙なことに気が付きました。

愛知県総合教育センター版KNOPPIXで作った設定ファイルをKNOPPIX Eduが読めるのかなと素朴な疑問に従ってテストしてみました。

全ての設定は無理でしたが、メーラーの設定などはきちんと引き継いでくれてます。しかし、起動後はUSBメモリがマウントできないどころか認識すらしてくれません。一体何が起きているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エスプレッソ

直火式のエスプレッソメーカーを買いました。僕の買ったものと同じものではないですが、こんな感じです。

ちょっとだけコーヒーが欲しいなと思う時に、ちょうど良いくらいの量が飲めるので最近のお気に入りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KNOPPIX

以前からKNOPPIXでは遊んでいたのですが、最近ちょっと凝っているのはfloppyfwとの組み合わせです。

職場は固定IPアドレスとなっているので、ちょっと何か試験的にコンピュータを接続したい時に不便です。

そこで、我が家で非常用に用意していたfloppyfwの設定をちょっと変更して、試験的にDHCPの環境をつくってみました。

試験的に自分のマシンを接続してみたのですが、ノートンがイヤな動きをしているのでテストを中止しました。(Atermのトラブルの時にちょっと似ていました。)

そこで登場したのが、KNOPPIXです。これはHDDの環境をいじらずに動くOS(DebianベースのLinux)とアプリケーションの集合体です。簡単な設定でインターネットにも接続できるので便利です。

PCの環境が壊される心配がなく、USBメモリやFDに環境に関するデータなどを保存するので、持ち歩きにも向いてます。

僕は何かのトラブルでWindowsが起動しなくなったパソコンからのデータサルベージに使っていましたが、何か新しい実習のネタにならないか考えています。(EtherealやGimpなんかがいいかなと思っています。)

現在、テストしているKNOPPIXは以下の3種類です。

KNOPPIX Edu
愛知県総合教育センター版KNOPPIX
KNOPPIX Japanese edition

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.21

ジョンレノンの着うた

友人のhirofmix氏が「労働階級には着うたがお似合いか?」という記事を書いている。

僕もビートルズは好きだし、ジョンのファンだ。(初めて買ったCDはジョンレノンのCDボックスだったような気がする。)

昨日本屋で見かけたジョン・レノンを聴け!を買ってきたばかりなので、ちょっと考えさせられる。

好きな音楽を着うたとして利用したいのはファンとしての心理として当然だと思う。でも、ちょっと寂しい、hirofmix氏とは違う意味で

音の良し悪しは別としても、電話は受けなければ意味がないでしょ、好きな曲が途中で切れてしまうでしょ!という意味で寂しいと思う。

それなら、せめて何でも良いからポータブルオーディオに入れて聞いて欲しい

そうすればその時の気分に合わせた曲が聴ける。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.11.20

マンション耐震強度偽造

この問題に対する書き込みとして、このカテゴリーが適切かという疑問はありますが気になっている点を書きます。

報道では、偽造をした建築士や業者に対する責任追及がメインとなっているようですが、国土交通省に責任はないのでしょうか? ここで問題にしているのは、制度上の問題ではなく「国交相認定のコンピュータープログラム」に対する責任です。

テレビ報道を見ている限り、XYの2軸方向の応力に対する外力の係数を入力するようになっています。また、報道では、係数として1.0が必要なところに0.5程度の数値を入力したため、柱や梁が充分な強度を持っていなくても、「国交相認定のコンピュータープログラム」は合格を出してしおり、その結果できあがった「構造計算書」を、充分にチェックしなかったために、建築されてしまったとなっていました。

もし、この報道の通りならば1未満の係数が入力できないように「国交相認定のコンピュータープログラム」は作られるべきではないでしょうか?

その点からの報道がないので判断はつきませんが、プログラム作成時の国土交通省のチェック体制はどうなっていたのかが非常に気になります。

また、この報道を裏付ける内容と思われる記事もあります。

国交省によると、同事務所は2003年2月~05年10月の間、問題の21棟の柱や梁(はり)の構造計算をする際、建物にかかる外力の数値を実際の約半分にして入力していた。この結果、柱や梁が地震や台風などに耐えられない太さだったり、鉄筋が必要量より少なかったりしていた。とくに、川崎市と千葉県船橋市の2棟のマンションは、一部分が必要な強度の3割しか保たれていなかった。21棟が建つ地域の中には、今年7月に首都圏で最大震度5強を観測した地震の際に、5弱を記録した地域も含まれているが、問題の建物への影響については報告がない。

それともう一点気になるのは2軸しか外力を考慮していない点です。兵庫県南部地震では、直下型で真下からといっても良い方向から、力が加わったため柱の剪断が起きたはずです。それにもかかわらず「国交相認定のコンピュータープログラム」はZ軸を考慮しないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.19

QMAIL3と格闘

QMAIL3をシグマリオン3にインストールして、IMAP4で運用しようとしているのですが、ドキュメントを読んでもうまく動かせないでいます。

一体いつになったら動くのやら(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.18

エディ・ゲレロ選手追悼番組

WWE エディ・ゲレロ選手追悼番組 緊急編成のお知らせ

ファンの人たちは既にチェック済みだと思うけど一応書く。絶対見逃せない。

英語版のままで流すというところにエディの人気の高さがわかるような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.16

ショックだ! エディの急死

スポーツ新聞を読んでいないので今日まで知らなかったが、「エディの急死」にショックを受けている。

最近は忙しくてWWEを観る暇もなかっのだけど、エディの試合は楽しみの一つだった。

「ズルして頂き」のパフォーマンスに何度楽しませてもらったことか、ヘビー級王座を獲得した時のすさまじい試合、カートとのハイスピードな展開の試合

ラティーノヒートが逝ってしまった。

もうテーマ音楽と共に陽気に登場するエディを観ることができないなんて悲しい。

WWEエディ・ゲレロさん急死
元WWEヘビー級王者エディ・ゲレロ死去

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンラインバンキングと乱数表

スパイウェアと暗号化で乱数表を使ったオンラインバンキングでないと安全ではないかと書いたのですが、そうもいえないような気がしてきました。

キーボード入力だけを監視しているようなスパイウェアなら、乱数表を使うことで安全性を保てるような気がします。

しかし、もし画面もキャプチャーされているならば、いつかはクラックされるような気がするのですが、間違いでしょうか?

そうすると、北洋ダイレクト -携帯電話によるATM引出額設定サービス-のようなサービスと併用されている銀行口座が安全ということでしょうか?

ここまで考えると、もつのは通帳と印鑑だけにして全て窓口対応にするというのが一番安全という気もしてきました。(たしか、巣鴨にある金融機関が全て窓口対応で、合い言葉も決めているというのがあったような記憶があります。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.15

月と火星

月と火星がならんで見えるので、写真をとってみました。サムネールだと火星はみえるかな?
20051115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.13

デジカメプリント

うっかりミスでデジカメ写真を消失してしまったので、オンラインアルバムでバックアップをとろうと思いつき、某カメラメーカーのユーザー会員用の「オンラインアルバム」サービスに試験的に写真をアップロードしてみました。

ついでに、「オンラインプリントサービス」を試用してみたところ、今日写真が届きました。

きれいです。これをみたとたん、カラープリンターを買い換えようという気力は、完全に無くなりました。

そこで好奇心がわき、プリントのクォリティ比べをしてみようかということで、近所でプリントアウトしてきたのですが、全然違います。

某社の「店頭でセルフプリント」というのをしてきたのですが、色あせた写真状態で2度と使うことは無いだろうというできです。機械の調子か、何か整備の具合が悪いのだろうとも思えるほどの品質なので、どこか別な場所で再度プリントアウトしようかなとも考えています。

もう一件は、セブンイレブンでのコピー機です。これは「オンラインプリントサービス」と甲乙つけがたいです。写真の撮影状況によって、結果が異なるのではないかと思えるできです。でも、店頭で他のお客さんが待っているところで、この写真に間違いないよなと確認しながらプリントするのは勇気がいりそうです。

そうすると、「オンラインプリントサービス」が一番かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンクメール(迷惑メール)

@niftyのジャンクメール対策用フィルターがよく効いているという感じを持っていました。ところが、12日(土曜日)あたりから、フィルターをすり抜けてくるものが急激に増えてきています。

同僚から「10日あたりから携帯電話向けのジャンクメールが増えだしている。」という話を聞いていたのですが、一体どういうことなのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.10

恥とは?

下記のブログをよんで、タイトルのことを考えてしまいました。

きみは電車女を見たか?

電車の中でなければ、何度も見た光景です。考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイウェアと暗号化

この記事を読んで疑問がどんどんふくれていきます。

スパイウエア使った不正振り込み、容疑で男逮捕 警視庁

ウイルスについては、色々と取り上げられているので多くの人がある程度の知識を持ってきていると思いますが、スパイウェアについてはどうなのでしょうか?

商売をしている人は顧客からのクレームに添付されている写真などはあけざるを得ないという心理を利用している、この手の犯罪についてどう教育するのがよいのでしょうか?

ウイルス対策ソフトで添付ファイルをチェックしたり、スパイウェア検知ソフトで定期的に検査するだけでは不十分のような気もします。そうするとパーソナルファイヤーウォールで口座番号やクレジットカード番号の一部が送信されないか検知するくらいしか僕は思いつきません。

しかし、その手のソフトウェアは暗号化された通信の内容をチェックしていないと思うのですが、勘違いでしょうか?(チェックできるようならば、暗号化の意味ないですよね。)

この辺を正確に理解しないと、教えるのは難しい気がします。

オンラインバンキングは利用してないので確信できないのですが、乱数表を利用した二つ目の暗証番号も一致しないと認証されない銀行を使うのが安全と思ってしまうのですが、どうなんでしょうか?

時代の変化が速すぎて、疑問点ばかり増えていく(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーソナライズド ホームページ

下記の記事を参考に、パーソナライズド ホームページを使用しているのですが、なかなか快適です。Gmailユーザーは試してみる価値があると思います。

グーグル、「パーソナライズド ホームページ」日本語版を開始

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.08

ソニーロリンズのコンサート

ソニーロリンズのコンサートに行ってきました。ラストコンサートといわれているせいか大入りでした。

前回の公演は空席が目立ち、今回はどうなるだろうかと心配していましたが杞憂でした。(前回の小屋は、今回よりも小さい。)

最後のスタンディングオベーションでは涙が出てしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

携帯電話でビデオ鑑賞

iPodでビデオがみれるようになったと職場で話題になったので、「携帯電話でもOKだよ。」とデモを見せたのですけど、作り方をすっかり忘れていました。

手順は以下の通りです。

  1. シャープのCE-VR1でノーマル、320*240で録画。
  2. パソコン上で録画したasfファイルの名前をMOL***.ASF(*は任意の3桁の数字)に変更。
  3. 録画ファイルをSDカードのSD_VIDEO内のフォルダPRL001にコピー

これだけでした。ちなみに携帯電話はボーダフォンの902SHです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽CDのウイルス懸念に対応策

タイトル通りの記事を見つけ気にしています。今すぐどうこうというわけではないでしょうが、これが国内で販売されるようになったら、生徒から質問がくるからもしれないという意味で、本当に覚え書きです。(インターネット上では消えてしまうので、コピーしておきます。)

米ソニーBMG:音楽CDのウイルス懸念に対応策

 米ソニーBMGミュージックエンタテインメントは2日(米国時間)、コピー制限型の音楽CDがウイルスに悪用される恐れがあることに対応し、修正プログラムの配布を開始した。同社は「安全を脅かすことはない」と強調しているが、配慮が足りなかったことは認めた格好だ。

 このCDは、パソコンで再生すると特殊なソフトがインストールされ、それがウイルスの隠れみのになりかねないと批判されていた。ウイルス対策会社などが1日、ブログで指摘して発覚、米ワシントン・ポスト紙など大手マスコミも報じる事態となり、対応を余儀なくされた。

 修正プログラムは、このCDを説明するウェブサイトで、ダウンロード配布されている。「安全性を損なうことはないが、利用者の不安を和らげるために配布する」などと、短いコメントが書かれているだけで、詳しい説明はない。

 CDと一緒にインストールされるソフトは、ユーザーには見えないことが問題になっている。ウイルスに、その仕組みを悪用されると、ウイルス対策ソフトで検知できなくなるからだ。修正プログラムは、この見えなくなる機能を停止する。

 ただ、ソフトが見えるようになるだけで、削除はできない。ユーザーが手作業で削除するのは難しく、下手をするとCDドライブが動かなくなる。このためウイルス対策会社は、全自動で削除できるツールも用意すべきだと訴えている。

 問題のソフトは、気づかないうちに入り込み、簡単には削除できない点で、「形式的にはウイルスそのものだ」という厳しい声も上がった。ソニーBMGは修正プログラムの説明文で、「不正プログラムには当たらない」と反論している。【南優人/Infostand】

修正プログラム
http://cp.sonybmg.com/xcp/english/updates.html

ソニーの音楽CD、悪用される恐れ

ウイルス:ソニーの音楽CD、悪用される恐れ

フィンランドのエフ・セキュアは1日(現地時間)、ソニー・グループが発売したコピー制限機能付き音楽CDは、コンピューターウイルスに悪用される恐れがあると警告した。パソコンで再生すると特殊なソフトがインストールされ、それがウイルスの隠れみのになる危険性があり、注意を呼びかけている。

 問題となっているのは、米ソニーBMGミュージックエンタテインメントが試験的に発売したコピー制限型CD。春ごろから一部の新作で採用され、輸入盤は日本でも売り出された。

 このCDをウィンドウズ・パソコンで再生すると、一連のソフトがインストールされるが、コピー制限破りを防ぐため、これらのソフトは一般ユーザーに見えない仕組みになっている。だが、「ルートキット」と呼ばれるウイルスと時と同じ手法を使っているため、ウイルスの作者につけ込まれやすく、ウイルスのファイル名にCDのソフトと同じ文字を含めれば、そのウイルスも見えなくなってしまい、対策ソフトで検知できず感染に気付かないままパソコンが遠隔操作される事態となるという。

 エフ・セキュアは、ロックグループのヴァン・ザントのCD「ゲット・ライト・ウィズ・ザ・マン」を米アマゾンで購入し、実際に危険性があることを確認した。同社のソフトで、ウイルス検索を実行すると、CDの関連ソフトがルートキットに該当するウイルスとして検出されたことが、リスクの存在を浮き彫りにしている。

 このCDは、コピーできる回数が限定されており、孫コピーも制限される。最初に使用条件が表示され、同意を求められるが、詳しい仕組みは分かりにくい。アンインストール機能は用意されておらず、不用意に削除するとCDドライブが動かなくなる恐れもある。同社は「ウイルスで使われているような手法を採用したのは非常に不適切」と批判している。【南優人/Infostand】

コピー制限CDの説明(英語)
http://cp.sonybmg.com/xcp/

エフ・セキュアの公式ブログ
http://www.f-secure.com/weblog/

 2005年11月2日


| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近よくいくブログ

最近よく見にいくブログ

Life is beautiful
友人の紹介でよく見にいくようになりました。

高木浩光@自宅の日記
セキュリティのことを気にする人はよく見にいくのではないでしょうか?

古川 享 ブログ
僕が知る中で、一番プレゼンの上手な方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラプソディーネイキッド

「ラプソディーネイキッド」についてようやく書くことができるようになった。

とにかく良い、「よォーこそ」で鳥肌が立ち、すぐにRCの世界に引き込まれていく。やはりRCはライブが一番なのだろう。

「スローバラード」が入っているレコードを買いに行くと、そのレコードは売っていないといわれショックを受けたりもした。(今にして思うと、シングルマンが廃盤になった時期だったのかもしれない)

田舎に住んでいたので、ライブは観ることができなかったけど、武道館ライブで周囲がRCを認識してうれしかったことも忘れることができない。

宣伝用か何か出荷されていた「Covers」をコピーさせてもらって発売を楽しみにしていたら、発売中止になってビックリしたこともあった。

そんなこんなも含めてRCサクセションが好きだ。

RCファンはBlueさんのブログを読みに行くと良いと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005.11.06

個人情報保護の勉強

教科・科目(僕の場合は情報C)の関係で個人情報保護について質問される機会も多いと思いますし、自分の学習のチェックにも役立つと思われるブログを見つけました。

間違いだらけの個人情報保護

学校関係が多いのは気のせいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.05

KNOPPIX Edu

株式会社アルファシステムズのサイトからKNOPPIX Eduをダウンロードして、試してみました。

目的はSylpheedです。IMAP4に対応しているということなので試して送受信はうまくいったのは良かったのですが、何故かUSBメモリを認識してくれず設定を保存できません。

これで設定が保存できると緊急用に使えるのですけど、うまくいかないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シグマリオンIIIでリモートデスクトップ

シグマリオンIIIが無事、家庭内ネットワークに参加するようになったのでリモートデスクトップで遊んでみました。

サーバー側のパソコンにリモートデスクトップで接続後、Firefoxでインターネットを観てみたのですけど、シグマリオンIIIで直接インターネットにでていくより速度的に快適な気がします。

Firefoxは字の大きさを変更しやすいので、シグマリオンIIIでも字が見やすくなります。

シグマリオンIIIのヘッドホン端子をアンプの入力端子に接続して、サーバー側に保存してあるMP3のファイルをシグマリオンIIIのメディアプレイヤーで再生してみたところ、音切れもせずにきれいに再生してくれます。

これで、ようやく我が家のパソコンもジュークボックスになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.02

情報Cの教材に

全ての記事が教材として使えるわけではないですが、教材向けの記事もありまとまった特集なので、どのような切り口をとるかは状況次第でしょう。

あなた見られてます 監視と安全のはざまで

パソコン監視については、お気に入りの本で紹介している社員監視時代も参考になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.01

ドコモの解約金

ドコモがPHSのサービスをやめるので今日手続きをしてきましたが、いちねん割引の解約金が発生するといわれ驚いています。

窓口の人に文句を言っても仕方ないので帰ってきましたが、サービスをやめるのはドコモなのに解約金を取るというのはおかしいのではないでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アマゾンとのトラブル

本当にトラブルの方から僕の方によってくるとしかいいようがありません。

今度はアマゾンです。

アカウントサービス上では、まだ「未発送の商品」になっているのに、もう商品が到着しています。代引き決済にしているので、予告なしの到着なので家族もビックリしています。

どうしてこういうことになったのかアマゾンに問い合わせています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »