« 最近よくいくブログ | トップページ | 携帯電話でビデオ鑑賞 »

2005.11.07

音楽CDのウイルス懸念に対応策

タイトル通りの記事を見つけ気にしています。今すぐどうこうというわけではないでしょうが、これが国内で販売されるようになったら、生徒から質問がくるからもしれないという意味で、本当に覚え書きです。(インターネット上では消えてしまうので、コピーしておきます。)

米ソニーBMG:音楽CDのウイルス懸念に対応策

 米ソニーBMGミュージックエンタテインメントは2日(米国時間)、コピー制限型の音楽CDがウイルスに悪用される恐れがあることに対応し、修正プログラムの配布を開始した。同社は「安全を脅かすことはない」と強調しているが、配慮が足りなかったことは認めた格好だ。

 このCDは、パソコンで再生すると特殊なソフトがインストールされ、それがウイルスの隠れみのになりかねないと批判されていた。ウイルス対策会社などが1日、ブログで指摘して発覚、米ワシントン・ポスト紙など大手マスコミも報じる事態となり、対応を余儀なくされた。

 修正プログラムは、このCDを説明するウェブサイトで、ダウンロード配布されている。「安全性を損なうことはないが、利用者の不安を和らげるために配布する」などと、短いコメントが書かれているだけで、詳しい説明はない。

 CDと一緒にインストールされるソフトは、ユーザーには見えないことが問題になっている。ウイルスに、その仕組みを悪用されると、ウイルス対策ソフトで検知できなくなるからだ。修正プログラムは、この見えなくなる機能を停止する。

 ただ、ソフトが見えるようになるだけで、削除はできない。ユーザーが手作業で削除するのは難しく、下手をするとCDドライブが動かなくなる。このためウイルス対策会社は、全自動で削除できるツールも用意すべきだと訴えている。

 問題のソフトは、気づかないうちに入り込み、簡単には削除できない点で、「形式的にはウイルスそのものだ」という厳しい声も上がった。ソニーBMGは修正プログラムの説明文で、「不正プログラムには当たらない」と反論している。【南優人/Infostand】

修正プログラム
http://cp.sonybmg.com/xcp/english/updates.html

ソニーの音楽CD、悪用される恐れ

ウイルス:ソニーの音楽CD、悪用される恐れ

フィンランドのエフ・セキュアは1日(現地時間)、ソニー・グループが発売したコピー制限機能付き音楽CDは、コンピューターウイルスに悪用される恐れがあると警告した。パソコンで再生すると特殊なソフトがインストールされ、それがウイルスの隠れみのになる危険性があり、注意を呼びかけている。

 問題となっているのは、米ソニーBMGミュージックエンタテインメントが試験的に発売したコピー制限型CD。春ごろから一部の新作で採用され、輸入盤は日本でも売り出された。

 このCDをウィンドウズ・パソコンで再生すると、一連のソフトがインストールされるが、コピー制限破りを防ぐため、これらのソフトは一般ユーザーに見えない仕組みになっている。だが、「ルートキット」と呼ばれるウイルスと時と同じ手法を使っているため、ウイルスの作者につけ込まれやすく、ウイルスのファイル名にCDのソフトと同じ文字を含めれば、そのウイルスも見えなくなってしまい、対策ソフトで検知できず感染に気付かないままパソコンが遠隔操作される事態となるという。

 エフ・セキュアは、ロックグループのヴァン・ザントのCD「ゲット・ライト・ウィズ・ザ・マン」を米アマゾンで購入し、実際に危険性があることを確認した。同社のソフトで、ウイルス検索を実行すると、CDの関連ソフトがルートキットに該当するウイルスとして検出されたことが、リスクの存在を浮き彫りにしている。

 このCDは、コピーできる回数が限定されており、孫コピーも制限される。最初に使用条件が表示され、同意を求められるが、詳しい仕組みは分かりにくい。アンインストール機能は用意されておらず、不用意に削除するとCDドライブが動かなくなる恐れもある。同社は「ウイルスで使われているような手法を採用したのは非常に不適切」と批判している。【南優人/Infostand】

コピー制限CDの説明(英語)
http://cp.sonybmg.com/xcp/

エフ・セキュアの公式ブログ
http://www.f-secure.com/weblog/

 2005年11月2日


|

« 最近よくいくブログ | トップページ | 携帯電話でビデオ鑑賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/6940540

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽CDのウイルス懸念に対応策:

« 最近よくいくブログ | トップページ | 携帯電話でビデオ鑑賞 »