« インテリジェント・デザイン(ID) | トップページ | KDDI光プラス導入 »

2005.09.06

社員監視時代

しばらく前(2ヶ月くらい前か?)に既に読んだ本ですけど、夕刊フジで取り上げられていたので、思い出したことをちょっと。

夕刊フジでは情報流出をクローズアップしているが、個人的にはそれよりも、メールから人間関係を掌握しようという考え方の方が怖い気がする。

会社側にとって本当に警戒すべきことは、従業員の息抜きよりも社内情報の流出だ。

本当にそうなんですけど、本人は息抜きのつもりでも迷惑を被る人間もいるんですよ。

勤務時間中に何度も株価をチェックする人間がいて、それとなく全員に注意をしてもやめない。次に銘柄をはっきり言って注意。(誰が見ているかはわかっているけど、証拠がない。つまり、ログを取っていなかった。)

そこで利用していたサイトを閲覧禁止にして様子を見ていると、別なサイトを利用してチェックし始める。そこも禁止にする。(イタチごっこ状態になってくる。)

そのうち、管理者も面倒になって金融関係のサイトを某ソフトを使ってシャットアウトするという強硬手段をとった。

このような状態でも、株価をチェックする人間以外は困らない日々が続いたけれど、国立印刷局のことを調べようとしたらシャットアウトされてしまっているという副作用が発覚。

表に出た副作用は1件だけなので、某ソフトの設定はそのままだけど、陰では結構起きているような気がするんですけど、どうでしょうか。

それと、この本の中で、メタフレームのことを誤解しているような感じの記述も何カ所かあったような記憶も・・・・

おすすめ本リストにも追加しました。

|

« インテリジェント・デザイン(ID) | トップページ | KDDI光プラス導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/5814787

この記事へのトラックバック一覧です: 社員監視時代:

« インテリジェント・デザイン(ID) | トップページ | KDDI光プラス導入 »