« 日本脳炎 | トップページ | 日本語が書けない子供たち »

2005.09.11

神々の山嶺

ひさしぶりに、「神々の山嶺」を読み返しています。これを読んでいると、全く登山をしないぐうたらな私のだらけている気持ちでさえ締まってくるような気がします。

また、これを読んでいると20年ほど前にどこかのテレビ局(日本テレビだったような気がする。)がやったエベレスト頂上からの生中継の録画をもう一度観たいという気になってきます。(できればノーカットの完全版で)




神々の山嶺(上) 神々の山嶺(下)




登山を全くやらないのですが、山際淳二氏の作品をまとめて読んだ時期があり、それが予備知識としてあったことも楽しめた理由の一つかもしれません。

それは「山男たちの死に方―遭難ドキュメント」なのですが、現在は絶版のようです。でも、ひょっとすると「みんな山が大好きだった 中公文庫 BIBLIO 山」が同じものかもしれません。(目次のタイトルが、そっくりなのでダイジェスト版かも)

|

« 日本脳炎 | トップページ | 日本語が書けない子供たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/5895449

この記事へのトラックバック一覧です: 神々の山嶺:

« 日本脳炎 | トップページ | 日本語が書けない子供たち »