« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.29

「子どもにブログを!」報告書を公表

また、読売新聞に関して書かなければなりません。「情報フロンティア研究会」報告書が公表され、波紋が色々広がっています。報告書の分析についてはhirofmix氏のブログに任せるとして以下の記事にはあきれかえりました。これが真実ならば、メンバーの思いつきの乗っただけの、「税金のばらまき」、「研究会の宣伝」ではないでしょうか?

全文引用をしたくないのですが、すぐに消えてしまうので全文引用します。

「子どもにブログを!」報告書を公表

「子ども全員にブログを」という提言で話題を呼んだ総務省の「情報フロンティア研究会」(座長=國領二郎・慶応大学教授)の報告書が28日、総務省のウェブサイト(http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/050628_7.html)で公表された。

 この研究会は、最新のIT(情報技術)を普及させ、ビジネスに結びつける方策を、省庁の枠にとらわれずに話し合う場として今年3月に発足した。構成員は大学研究者、ベンチャー企業社長、企業技術者ら13人。総務省によると平均年齢は40歳ほどで、一般の政府系審議会などに比べて10歳以上も若かった。

 報告書をまとめるに当たっては、「網羅的な内容では見向きされない」「目を引くキャッチフレーズがいる」などの必要性が次々と指摘された。ところが、6月14日の最後の会合に出された報告書案は、その必要性を十分に満たしていなかった。

 そのときに、ある構成員からポロっと出たのが「初等教育課程の子ども全員がブログを持つようにしてはどうか」だった。学校でITを学ぶ重要性は報告書案にも述べられていたが、まさに一歩踏み込む内容となった。

 総務省担当者は、「すでに存在する自治体への情報化支援策などを活用することも可能だ。必要なら特別の予算を組むことも検討したい」と話す。8月末の概算要求に向け、どのような政策が立案されるのか注目したい。(西島徹)

(2005年6月28日 読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.28

LPレコードを聴いて

先日、仕事の関係で久しぶり(20年ぶりくらい)にLPレコードを聴きました。

アシスタントのお姉さんが、アンプのボリュームを絞らないまま針を落とすので、ボッツと音がするのがイヤでしたが、新発見もありました。

聴いたのは、何度も聴いてよく知っているはずのLPレコードでした。

僕はアンプのボリュームを絞ったままで、針を落としていました。針が落ちてから、おもむろにフェードインするようにボリュームを上げていくのが習慣でした。そのため、演奏が始まる前に、タイミングをとる「ワン、ツー」という声が入っているのに、この時まで気が付いていませんでした。

帰宅後、CDで確認するとCDにも、その声がはいっています。CDもプレイボタンを押してからボリュームを上げるので、ずっと聞き漏らしていたのです。

今時の若い子はLPレコードを扱わないからボリュームを上げたままなのでしょうが、CDもそうなんでしょうか?

新たな素朴な疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「情報フロンティア研究会」報告書の公表

「情報フロンティア研究会」報告書が公表されました。こちらはニュースなどと違って簡単には消えないでしょうから、リンクだけにします。

骨子をざっと見た感じでは、前回までの報告書と大きく異なる部分はないようです。時間を見て報告書全体を読んでみてから、また何か書きたいと思います。

教える側のリテラシーについて、どのように考えているのかに注目して読んでいきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道が暑い

ここしばらく、疑問に思っていることがある。

太平洋高気圧の張り出しが弱くて、梅雨前線が北上してこなかったのに、なぜか北海道が暑い。

この暑さは何が原因なのだろうか? 天気予報をこまめに見てきたつもりだが、解説しているところにはあえなかった。

疑問が解消できないままでいたら、急に梅雨前線が北上してきた。謎のまま終わるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.27

ブログと実名(関連)

やっぱり記事を引用します。前の投稿の参考にしてください。

実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止

 総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた。匿名性が低いとされるブログ(日記風サイト)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)を小中学校の教育で活用するよう求め、文部科学省などと具体策を詰める。  今週初めに発表する総務省の「情報フロンティア研究会」の最終報告書に盛り込む。  国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。 (共同通信) - 6月27日9時36分更新

『ネット利用は実名で』 小中校でブログ教育を

総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた。匿名性が低いとされるブログ(日記風サイト)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)を小中学校の教育で活用するよう求め、文部科学省などと具体策を詰める。今週初めに発表する総務省の「情報フロンティア研究会」の最終報告書に盛り込む。

 国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。

 研究会の提言は「匿名性が高いためにネット社会への心理的な忌避感が広がっている」ことが、情報技術(IT)利用の障壁になっていると指摘。子供のころからネット社会のモラルについての「しつけ」が重要と位置付け、小中学校の児童・生徒がブログや、知人だけが入れる「知り合いサイト」SNSを使い、実名または実名に準ずるネット上の名前で情報発信する仕組みを全国で導入すべきだと提案した。

 また地域活性化のために、地方自治体や自治会単位でもSNSを導入する必要性を訴えた。ただネット上での実名使用はプライバシー保護の観点から課題もあり、今後議論を呼ぶ可能性もある。

<メモ>

 【SNS】 ソーシャル・ネットワーキング・サイトの略。米国から流行し始めた会員制のコミュニティーサービスで、参加者が互いに友人を紹介して新たな友人関係を広げることが目的。友人からの紹介がないとサイトでの参加者のやりとりに入れない仕組みになっている。実名性が高いことが特徴で、多くの人が顔写真や本名をサイト上で公開している。

| | コメント (1) | トラックバック (7)

ブログと実名

ジャンルをどれにしようか迷ったので、関係ありそうなもの全て設定しました。

子どもはみなブログを持て!
読売に釣られた?

上記2本でもふれた総務省の「情報フロンティア研究会」の報告書に関連する記事が再びでてきました。

『ネット利用は実名で』 小中校でブログ教育を
実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止

これを読むと、前の記事にでていた「あらゆる児童・生徒がブログを持つべき」という考えは、インターネットなどのネットワークへの実名参加に対する心理的バリアーを崩すためのもではないかとも思えます。

実名でのメリットもありますが、ある程度の匿名性も必要です。その辺りをどう考えているのか記事だけではわかりませんが、最近の事件に対する過剰反応のような気がします。

それにしても、何か気になる雰囲気なので報告書(案)などをもう一度読み直したのですが、関連しそうな文言はこれくらいしか見つけることができませんでした。

義務教育課程である初等・中等教育の段階で高度なICTリテラシー教育を行うことである。個人のICT利用意識の向上にも関連するが、ICTにより実現されるバーチャルな環境を、現実社会と同じ感覚で活用すること、すなわち、サイバースペース上で実名又は特定の仮名で他人と交流することを自然の術として身につけるための教育が必要である。

最終的な報告案はどのようになり、どのような政策を進めていこうとしているのでしょうか?

実名でのネットワーク参加をを進める前に、目の前の「情報の真偽を確かめること」や情報を得てからどのように行動すべきかということを、しっかり教えることが先だと思うのは僕だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.24

読売に釣られた?

子供にブログぅ?!…ブロガーたちが大ブーイング

この記事をみると俺もhirofmix氏も読売に釣られた口かなとおもってしまいますが、もう少しだけ考えてみます。

「現場の教員のリテラシーをきちんと把握しているのだろうか?」、「実際に子供たちをどう指導していくのだろうか?」、「教員に技術的リテラシーがあっても、実体験を伴った人はどれくらいいるのだろうか?」といった疑問がわいてきています。

総合的な学習も十分に指導できない教員が多いといわれているのに、この手の指導を強化するというのは無茶だと思います。

「数学や理科が嫌いだから文系にいって小学校教員になるんだ。」といって教育学部に行き、本当に小学校教員になってしまい、そんな教員が満足な算数・理科の指導ができるのでしょうか?(これが理科離れの一因になっていると俺は想像していますが、実態はどうなのでしょうか?)

今回は総務省が旗振り役ですが、文科省はこの報告に対して、どのような判断をし行動していくのか興味深く見守るつもりです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.22

「Musical Baton」がまわってきた

「Musical Baton」がまわってきたのはいいけど、まわす相手がいません。バトンを受け取りたいという奇特な方、コメントください。

  1. Total volume of music files on my computer:(今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

    524曲、4.54GBでした。曲数はこんなものでしょうが、思った以上に容量を喰っていました。96kbpsのMP3がメインなので、ちょっとびっくり

  2. Song playing right now:(今聞いている曲)

      Kiss and Run

      昨日買ったばかりだから

  3. The last CD I bought:(最後に買ったCD)

      Sonny Rollins Plus Four

      アスキーを買ったついでにCDコーナーをのぞいて、衝動買いをしてしまった(^^;

  4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me:(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

    僕の場合は、思い入れというより思い出と結びつく曲ですね。

    1. A Night In Tunisia,The Great Jazz Trio

      今一番聴いているCDのオープニングの曲。これを聴いてJazzを聴くようになりました。
        

    2. スローバラード,RCサクセション

      この曲で、RCサクセションのファンになってしました。小学生の頃からラジオの深夜放送が好きでした。

    3. Sunday Bloody Sunday,U2

      ラジカセやミニコンポで聴く音楽が退屈で、CDを買う意欲が衰えていた頃に、同僚との話で再び洋楽を聞き直しても良いかなと考え直した曲。この曲がリリースされた頃、渋谷陽一がサウンドストリートで歌詞を朗読していたのが今でも忘れられない。

    4. Friends,レベッカ

      cherrybabe氏とは異なり、この曲を聴くと、hirofmixが学生の頃住んでいた金森コーポを思い出します。

    5. Hotel California,The Eagles

      輸入盤(もちろん、LP)、ミュージックテープ、CDと3メディアを所有している。「住環境にあわせて買っていったのね。」と一人納得している。

バトンを渡せそうな友人が一人しか思いつかない。それもcherrybabe氏と共通の友人であるhirofmix氏だから、回しようがない。それにしても、つくづく友達が少ないことを実感

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.20

教科情報 教材

教科情報の教材をまたアップしました。左側の自作教材「参考資料」をクリックしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.19

火星の青い夕焼け3

何年か前に公開された「火星の青い夕焼け」が気になってNASAのサイトをうろついてきました。おそらく記憶にあるのは後者の方の写真ではないかという気がするのですが、はっきり覚えていません。

Mars Sunset Clip from Opportunity Tells Dusty Tale

Mars Pathfinder Images

| | コメント (1) | トラックバック (0)

火星の青い夕焼け2

TBをつけてくださった「***CAPRICE BEADS***」さんのおかげで、見落としたページがわかりました。辞書片手にページを読むほどの気力はありませんが、リンクをつける気力くらいは残っています。(今日の仕事はつらかったー)

Mars Exploration Rover Mission: Press Release Images: Spirit

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.18

火星の青い夕焼け

何年か前にも、NASAは火星の青い夕焼け写真を公開した記憶がありますけど、何か新たな発見があったのでしょうか?

Sunset on Mars

上記写真のフルサイズ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

子どもはみなブログを持て!

子どもはみなブログを持て!

この記事を見て思い出したのが下の記事、みんながこの人のようにパワーを持っていればいいけど、そうでない子にはつらいと思うのだけど、どう思います。

「Blogがすべてだった」――20歳ガングロ社長の“ギャル革命”

それと気になるのが、元ネタの情報フロンティア研究会の報告書なんか見てみたけど、「あらゆる子どもが自分のブログを持つのが効果的だ。」というような報告が見つけられなかったこと、僕の探し方が悪かったのでしょうか?

記事が消えてしまう前に引用しておきましょう。(性病の時のようにの時のように、消えたら困るので)

ニッポンの明日には、ブログが一番!

 総務省は14日、小中高校生のだれもがブログ(日記風の簡易ホームページ)を書くような環境をづくりをめざす方針を決めた。同省が設置した「情報フロンティア研究会」(座長=國領二郎・慶応大学教授)が、日本の「IT(情報技術)力」を強化する方法として、「あらゆる児童・生徒がブログを持つべき」と報告書で提言したのを受けたものだ。

 研究会は、ブログや知人同士が意見交換する「ソーシャルネットワーキング(SNS)」の普及で、個人レベルの情報発信が急増し、「企業対個人」「発信者対受信者」といった社会構造まで変えつつある、と分析。その一方で、インターネット関連の知識格差が生じている、と指摘した。

 報告書はこうした現状を打開し、IT社会で日本が優位に立つには、義務教育段階からネットワークで個人が発言する作法を身につけさせることが必要だと主張。あらゆる子どもが自分のブログを持つのが効果的だ、と力説した。

 子ども1人1人がブログを持つには、校内コンピューター網(LAN)を整備したり、ブログのサービスを購入する費用が必要になるが、総務省は「すでに存在する自治体への情報化支援策などを活用することも可能。必要なら特別の予算を組むことも検討したい」とやる気満々だ。

 文部科学省の調査によると、2004年3月時点で、全国の公立学校の普通教室へのLAN接続率は、小学校で31・1%、中学校で32・0%、高校で61・2%だった。

 研究会は14日の会議で出された意見をもとに、提言の細かな字句を修正。来週中にも報告書を公表する予定だ。(西島徹)
(2005年6月14日 読売新聞)


| | コメント (1) | トラックバック (2)

老婆の休日

出張があって、少し長い時間飛行機に乗っていました。

機内で桂文珍さんの落語(老婆の休日)を聞いたのですが色々とあって最後まで聞けなかったので、アマゾンで検索してみたらやっぱりありました。

欲しい本もあったので注文したのですが、やっぱり同じような人がいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作教材

教科情報の自作教材を作り始めました。教えていくために必要と思われる内容を自分なりにまとめてみたものです。時間をかけて少しずつアップしていく予定です。

左側の自作教材のところからリンクがたどれるようにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

マイクロソフト古川享氏退任

「マイクロソフト古川享氏退任」のニュースを聞き、ちょっと驚いています。

「日本だけではなく、世界を相手にするというポジションから離れるなんてもったいない。」と言う意味でですけどね。

一度だけ古川氏の講演を聴いたことがあります。とても聞きやすく、すぐに話に引き込まれていきました。催眠術にかかったように氏の話すこと全てがうまくいくように思えてしまいました。(それまでは催眠商法や宗教家を信じていませんでしたが、そのようなことが可能かもと思えるような講演の上手さでした。)

居酒屋でIEのTipsを教えていただいたのは、良い思い出です。

関連記事
マイクロソフト:古川最高技術責任者が「リフレッシュ」退職
ゲイツ会長の側近、古川副社長が退社 「充電したい」
「悪の帝国」イメージから「共存」へ動いた 米国マイクロソフト副社長 古川 享さん(49歳)
マイクロソフト古川享氏退任の2つの意味

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.11

高校爆弾事件

高校爆弾事件:瓶にクギ数十本 殺人未遂での立件も視野に

記事を読んでの感想は、「よく死者が出なかったものだ。」というのが正直なところです。報道ではわかりませんが、釘の当たり所が気になります。

インターネットで調べて爆弾を作ったようですが、その製造方法の危険性など確認できなかったと思うのですが、何か間違いなどがあれば自分も危険にさらされることなど考えもつかなかったのでしょうか? そうだとしたら、精神的にかなり追い込まれていたのか、怒り狂っていたのでしょう。

学校に限らず内部の人間が犯罪を起こさないようにすることは、本当に難しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺

「生徒にわいせつ、示談金を」振り込め詐欺

この手の「振り込め詐欺」は全国的に流行しているようです。どんな職場でもセクハラは御法度なので、家族は思わずあわててしまい、被害にあうのでしょう。

それだけ男は本能のままに行動しやすいと女性から思われているのかもしれません。(^^;

流されている注意情報が多すぎると感覚が麻痺し、警戒心や注意力が減退してしまうのでしょうか?

「振り込め詐欺」か?の数日後に注意情報が流されましたが、被害者がでてしまったことから、そんなことも考えてしまいました。

情報を共有し、意識を徹底させるというのは本当に難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お礼:1万アクセス

昨年の12月12日にここを開設して約半年で1万アクセスに達しました。気のきいたこと内容があるとも思えませんが、アクセスしてくださる方々がいると思うと、何かうれしくなり書き続けています。

これからも、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.09

メアド流出?

特定グループにしか公開していなかったメールアドレスに、「aim.com」というところから変なメールが届きました。

ミニクーパーが当たるなどと書いているので、メールに書かれているURLにアクセスするとろくでもないことになると勝手に想像していますが、おもしろそうなのでgoogleで検索してみたら以下のような記事に当たりました。

[WSJ] AOL、無料メールサービス「AIM Mail」開始

真っ当な会社の無料サービスじゃないですか、でもこの会社に何の縁もないんですよね、どこからか僕のメアドが流出したのでしょうか?

紙以外の方法で、他人にメアドは教えていないし、どこのサービスにも登録していないはずなんですけど、流出経路については想像できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.06

RCサクセション

20数年前、ラジオからスローバラードが聞こえてきて、一発でRCサクセションのファンになってしまったのだけど、お金がなくてLPを満足に買えないでいた。唯一買えたのが、「シングルマン」でした。

管球アンプにしてから、さっき初めて聴いたけどやっぱり名盤です。この間ベストアルバムが2枚出たけど、最近買いすぎているので、ちょっと自粛モードにしようかな

昔買えなかったLPも、今なら買えると思ったら、廃盤だった。やっぱりカバーズの影響かな?

カバーズはサンプル盤からテープにダビングしてもらって聴いていた。

しばらくの間はレアなものということで自慢していたのが懐かしい思い出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りのCD

今一番のお気に入りのCDは「ダイレクト・フロム LA
です。

アマゾンで検索するとでてくるのだけど、前に注文したときは「在庫ありません、すいません。」とメールが来たけど・・・

でも、注文できます状態になっているので買えるのかな?

このCDがJAZZを聴くようになったきっかけなので、お気に入りなのは当然だけど毎日聴いてます。

適度な緊張感がある演奏はあきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.04

災害時のEメール(HP200LX版 Vol.4)

災害時のメール環境という趣旨で環境構築していたのですが、出張のために必要になってしまいました。

出張先はPHSのエリア外、携帯電話もちょっと奥にはいるとエリアからはずれるというところに出張します。ひょっとするとISDN公衆電話もないかもしれません。

気合いを入れて環境構築した結果、送受信共にうまく動くようになりました。テンプレートを以下のようにするだけでOKという単純なことでした。(^^;

>From: {abcd@nifty.ne.jp}\n
>To: {abcd@nifty.com}\n
>Subject: テストメール\n
>\n
>試験メールです。
>\n
>{nifsign.txt}

ISDN公衆電話から@niftyにアクセスできないので、ISDN公衆電話の使い方を忘れたのかと思っていたら、理由は単純でした。

「@niftyアクセスナンバー(アナログ)」では、ISDN公衆電話からアクセスできないのです。公衆電話用の「@niftyアクセスナンバー」が別にありました。電話番号の確認は基本ですけど、アナログとあるとできると思いませんか?>all

参考資料で電話番号を確認してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.03

磁気と時計の話

どこで、このページのことを見つけたのかわすれたけど、おもしろいので忘れないようにアップしました。

磁気で時計が狂う理由

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.01

902SHの不具合情報

過去3回にわたって、902SHの不具合と思われる実体験をまとめてきましたが、やはり前回のソフトウェアのバージョンアップではすべて解決されていたわけではなかったのですね。

不具合に関するリリースがでています。

これじゃ、客が人柱となってテストをしているようなものです。今日から3つの新サービスが始まりましたが、これでは、逃げていくユーザーを引き止めるのは難しいでしょう。

902SHが挙動不審
902SHのトラブル関連覚え書き
やっぱり902SHは挙動不審

それにしても気になるのは、店頭でのバージョンアップと預かり修理の境界線はどこにあるのでしょうか? 前回のトラブル理時は預かり修理となり、基盤交換までしたことから考えると、ソフトだけに原因があるとは思えないのは素人考えでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »