« 磁気と時計の話 | トップページ | お気に入りのCD »

2005.06.04

災害時のEメール(HP200LX版 Vol.4)

災害時のメール環境という趣旨で環境構築していたのですが、出張のために必要になってしまいました。

出張先はPHSのエリア外、携帯電話もちょっと奥にはいるとエリアからはずれるというところに出張します。ひょっとするとISDN公衆電話もないかもしれません。

気合いを入れて環境構築した結果、送受信共にうまく動くようになりました。テンプレートを以下のようにするだけでOKという単純なことでした。(^^;

>From: {abcd@nifty.ne.jp}\n
>To: {abcd@nifty.com}\n
>Subject: テストメール\n
>\n
>試験メールです。
>\n
>{nifsign.txt}

ISDN公衆電話から@niftyにアクセスできないので、ISDN公衆電話の使い方を忘れたのかと思っていたら、理由は単純でした。

「@niftyアクセスナンバー(アナログ)」では、ISDN公衆電話からアクセスできないのです。公衆電話用の「@niftyアクセスナンバー」が別にありました。電話番号の確認は基本ですけど、アナログとあるとできると思いませんか?>all

参考資料で電話番号を確認してください。

|

« 磁気と時計の話 | トップページ | お気に入りのCD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/4405560

この記事へのトラックバック一覧です: 災害時のEメール(HP200LX版 Vol.4):

« 磁気と時計の話 | トップページ | お気に入りのCD »