« 災害時のEメール(HP200LX版 Vol.1) | トップページ | 災害時のEメール(HP200LX版 Vol.2) »

2005.05.30

地震予知

また、八ケ岳南麓天文台の串田氏の地震予知情報で波紋が起きているようです。

フライデーの広告をみて、立ち読みははしてきたのですが、雑誌特有の中途半端な内容と共に地震雲の写真(串田氏の研究とは関係ないと思うのですけど)がでていていました。

前に串田氏がだした予知情報が一人歩きし、小学校などで水筒を持って登校するように指示があったなど、波紋が広がったのですが、今回はさほど広がっているようには見えません。

地震予知が可能かどうかには賛否両論あることは十分わかっていますが、串田氏の研究の妥当性を判断するための材料はそろっているのでしょうか?(個人的には、妥当性を検討している段階だと思っています。)

それにしても、気になるのは、揺れる?民間研究者「6月1日までに南関東圏でM7」の記事中の「過去にも大地震を予知した「実績」があり」という一文です。本当に科学的に妥当と認められる実績があるのでしょうか?

マスコミに出てくる記事だけではよく分からないことばかりです。

|

« 災害時のEメール(HP200LX版 Vol.1) | トップページ | 災害時のEメール(HP200LX版 Vol.2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/4339976

この記事へのトラックバック一覧です: 地震予知:

« 災害時のEメール(HP200LX版 Vol.1) | トップページ | 災害時のEメール(HP200LX版 Vol.2) »