« キャッシュカードがあぶない | トップページ | スマトラ沖地震12 »

2005.01.05

地震と家具

部屋1平方メートル当たり家具0・3個でけが人発生 十勝沖地震被害を検証

上記の記事を読んだのですが、「2畳に1個以上の家具があると、けが人発生」というように読者にわかりやすく解説した方がいいと思うのですけど、どうでしょうか?

スマトラ沖地震でも、マグニチュードの扱いが同一基準でなかったりと、読者への配慮が欠けていると思います。(マグニチュードに関しては、記者の理解不足・知識不足の可能性も高いと思いますけど)

昔、住んでいた家がかなり古いところで、本棚や食器棚のそばを歩くと家具が揺れるようなところでした。そんな状態は気持ちのいいものでなかったので家具を固定していましたし、狭かったので食器棚は引き違い戸にしていました。そのおかげで、大きな地震でも冷蔵庫が15センチ前に動いただけで、被害は皆無でした。

家具の設置状況の点検が必要だと思います。

|

« キャッシュカードがあぶない | トップページ | スマトラ沖地震12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/2480944

この記事へのトラックバック一覧です: 地震と家具:

« キャッシュカードがあぶない | トップページ | スマトラ沖地震12 »