« シグマリオン | トップページ | GPS携帯逆探知2 »

2004.12.31

GPS携帯逆探知

奈良市の女児誘拐殺人事件kの容疑者が逮捕されて地域は一安心といった感じでしょうが、単独犯であればいいのですが、遺体に付着していた複数の毛髪というのが気になります。

それともう一つ気になるのが、表題の件です。本当にGPS機能だけで誤差5メートルの範囲まで絞り込めるのでしょうか?

高速道路走行中などでの条件がいい時は、車線変更まで測定できますが、犯人は短時間しか発信しないでしょうから、そんなに条件がいいとは思えません。基地局からの三角測量などを組み合わせたのではないかと勝手に素人ながら推測しています。あるいは報道以上に携帯電話を使用していたのかもしれません。また、この逆探知のために警察と共にキャリアの技術者も待機していたのではないでしょうか?

◆GPS携帯逆探知、勤務先を絞り込む◆

 逮捕の決め手は、女児から容疑者が奪った「全地球測位システム」(GPS)付きの携帯電話の位置を“逆探知”するハイテク捜査と、地道な聞き込みという伝統的な捜査手法を融合させた結果だった。

 母親らの携帯電話に2度目の脅迫メールが送りつけられた今月14日、県警はGPS機能を駆使し、発信元の女児の携帯電話が容疑者の勤務先付近にあることをつかんだ。その誤差は約5メートルの範囲という精度だった。県警はこの地域に捜査員約120人を投入して集中的に聞き込み捜査を実施し、容疑者を割り出した。

引用元の記事は女児の画像を知人に、携帯見せ得意気です。

追記(16:15)

上記のリンクが切れたので、再検索したら下記の二つが出てきました。
女児の画像を知人に、携帯見せ得意気
女児の画像を知人に、携帯見せ得意気

|

« シグマリオン | トップページ | GPS携帯逆探知2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69621/2424809

この記事へのトラックバック一覧です: GPS携帯逆探知:

« シグマリオン | トップページ | GPS携帯逆探知2 »